2019年12月28日土曜日

マルちゃん【あつあつ豚汁うどん でか盛】実食

冬と云えば、とんかつと云えば・・・豚汁が懐かしく思い出されるモノです。
そんな豚汁のうどんを、秋冬限定定番品としてマルちゃんが2019年12月2日に、でか盛版を再発売致しました。
豚の旨味と赤・白合わせた味噌を加えたコクのある味噌味のつゆで具材には、味付豚肉・味付油揚げ、ポテト・にんじん・ごぼう・ねぎの6種類が入っているそうです。

味噌は、日本の健康食だよねぇ~
私も、味噌大好き~な人なので大歓迎です。
なんでも赤白合わせ味噌とか・・・
でも、でか盛の表記だかけど、ちょつと違う気がするなぁ~
いうなら大盛でしょう?!デカ盛りと云うのは、大盛を超えて更なる高みの領域を表現しているのであって・・・笑
それに、でか盛ではなくてデカ盛ね!

カロリーは約600kcal!まぁ~大盛だから、カレーパン2個よりは少ないかなぁ~笑
開封すると、小袋3つでかやくと粉末スープと味噌ダレだね!
味噌ダレ以外は先入れなので、カップの中へ

これでお湯を投入です。
5分待つのだゾ!大五郎!! ちゃん!!

こちらが5分後の姿に、味噌ダレを落とした状態です。
へぇ~結構具材が浮いているじゃない!
箸で、よーく混ぜ混ぜ・・・

完成です!
これ生姜があると良かったかも・・・
まずスープを飲むと・・・う~ん豚汁に大事な脂感が足りないような・・・

豚汁って、豚の脂身から出る旨味成分が決め手だと思うのですよ!(私感)
味噌ダレの中に、この豚の油を増やして欲しいです。
だって豚汁なんだから・・・

2019年12月27日金曜日

ヤマダイ 凄麺 ご当地ラーメン 喜多方ラーメン実食

今日は凄麺のご当地ラーメン喜多方です。
今まで凄麺シリーズは食べてきましたねぇ~笑
まぁ~現時点での、ご当地ラーメンシリーズで凄麺がイチ押しだからだと思う。
喜多方ラーメンのカップ麺は、以前10月5日の記事でサッポロ一番旅麺の喜多方を頂きました。
喜多方ラーメンと云えば、昔ながらの中華ソバ(支那ソバ)ですよねぇ~
朝ラーも有名ですよね!地元では、普通に朝からラーメンを食べて通勤通学をされるひとが多いとか・・・

今回の凄麺の喜多方ラーメンは、老麵会から推奨を頂いている様ですね!
私、春先からカップ麺の実食記事を書くようになって、凄麺を知りメーカーが日清とか東洋水産とかでないニュータッチだと知りました。
それまではニュータッチと云えば、四角い顔のニュータッチ焼きそば・・程度しか認識していませんでした。
それが凄麺を食べてから、認識を新にせざるを得なくなりました。
麵の出来映えが、他社に比べ数段優れていたのです。
でも麺だけ良くても、スープが悪けりゃ・・・でも、そこはメーカーも本気になって麵に合わせるスープ開発をしているのでしょう。

カロリーは345kcal!
内容物は、小袋3つ!
後入れスープ、チャーシュー、かやくです。
流石にチャーシューの油が、別のかやくに影響しないように別包装です。
でスープは粉末では無く、液体スープです。
やはり粉末では、コクが出ないのでしょう。

チャーシューも2枚!
それにナルトもあります!!支那ソバにはナルトはかかせない・・笑
最近のラーメン屋でナルトは見かけなくなりましたよ!

毎度の如く、凄麺は蓋の裏側にウンチクがかかれています。
これが結構、へぇ~となるのですよ!笑
さてお湯を入れて5分待つのだぞ!大五郎!! ちゃん!!!

5分経過した姿・・・ナルトが倍ぐらいに大きくなってる!!
チャーシューから滲み出た油・・・
最後に液体スープを入れて、よーく攪拌して出来上がりです。

油が小―さく油玉になって、表面を被っています。
早速スープを飲んでみると・・・う~ん醤油の味わいに和風出汁が合わさり、油も加わり旨いですねぇ~
やっぱり凄麺は、期待を裏切りませんねぇ~200円の価値あり。

麵は、平打ち麺タイプで縮れっぽくなっています。
もう麵は云う事ありません。Good!!!
おまけに・・

チャウーシューの写真です。
本モノみたいでしょう?本モノだものね!笑
凄麺は、実売198円+税込みなので一般的なカップ麺からすれば倍ぐらいの価格ですが、それに見合うだけの出来映えです。
他社の喜多方ラーメンカップとは、レベルが違います。

2019年12月26日木曜日

東洋水産 やみつき屋激辛 辛味噌キムチ実食

流石に最近、気温が低下してきてHotになる食べ物が恋しくなるようになりました。
カップ麺も同様で<辛モノ>が幅を利かせてきますよね!
そこで本日は、東洋水産=マルちゃんの激辛ラーメン!

カップからは如何にも<辛いぞ!>と臭わせるデザインです。
この様なのに限って、見かけ倒し!が多いんですよねぇ~笑
特に即席麺大手メーカーは特にその傾向が強め!
何てったって全国区で売らなきゃいけないから、ほどほど・・になってしまうのよねぇ~

サンポー食品さんなんか、九州のローカールメーカーさんだけど<辛い麺料理>は、辛くして出してますよ。
そこは地元の人たちに、なーんだ!と云われないためでもあるのでしょう。
さて東洋水産としての<激辛>度合いは如何なモノか・・・

カロリーは397kcalと抑えています。
まぁ~メインは辛だから、原材料も抑えられるのか・・・笑
キムチは、フリーズドドライの固形タイプで内蔵すいですね。

粉末スープ類も、赤褐色系の色合い・・・これは期待できるか?
開封して、そのままお湯を投入すればすみます。
4分待つのだゾ!大五郎!! ちゃん!!!

4分経過した状態です。
Oh~これは、いけるかも知れません!!
味噌ラーメンがベースの辛モノ・・・好きなタイプじゃない~
表面を被っているのは、キムチだね?!
早速箸で、よーくかき混ぜてみましょう!そうしないとスープが全体に馴染まない。
出来上がりです!
しかしこの麺・・・うどんみたいだなぁ~
赤いきつねの麺を、1/3程度の太さにしたような・・・

そう思いません?
香りは・・・辛みの成分が臭います。笑
スープを飲んでみると、唐辛子系の下を切るような辛み
麺を食べ始めると、確かに辛いです。

東洋水産=マルちゃんでは、今までこの辛さは無かったような・・・
辛いの苦手な人には、十二分辛いと言わしめるでしょう。
私には、まぁ~よくやった方だね!と云うぐらいです。
今回は、麺は正直いって×  チゲうどんみたいじゃん!
出来れば黄色い系統のプリプリ麺にして欲しかったです。
激辛味噌スープとしては、大手メーカーとしてはよくやった方だと思います。
しかし麺がこれでは、商品としては勿体ない結果に終わってしまうかな!

2019年12月25日水曜日

エースコック CoCo壱番屋監修 スタミナ黒カレーラーメン実食

今日は<赤>に続いて<黒>の実食です。
先日、赤の時にも書きましたがCoCo壱番屋は昨年だったか、創業夫婦が株式をS&Bに売却し経営が移った訳で、味わいもS&Bのアンテナショップ的な位置づけなので、変化していると思うけど(逆にスパイシーになって?)、そのCoCo壱番屋監修のカレーラーメンとなればねぇ~

黒は唐辛子・黒胡椒・ガーリックの風味らしい・・・
パッケージから見れば、黒いカレーらしく黒い?!となると思い出されるのが、上野のデリー!
こちらのカシミールカレーですよ!

そんなカップ麺は、どれ位期待から外れてくるか・・・逆に興味があります。
カロリーはカレーラーメンだと、大概500kcalを超えますが・・・

今回は、456kclと抑えめです。
油の使用量が少ないのかな?
蓋には小袋の説明が書かれています。
早速開封すると・・・

小袋2つで、大袋が粉末カレースープで小袋が特製の辛みスパイスのようです。
粉末スープは、よーくお湯を掛けて溶かすよう指示が書かれています。
では一気に両方とも開封してカップの中へ

Oh!小袋のは黒胡椒と判る粉末・・・
それにカレー粉スープです。
これにお湯をよく掛けろ!と云う事ね!ダマにならないようにする事か・・・
お湯を掛けて3分待つのだゾ! 大五郎!! ちゃん!!!

今回は、気持ち長めに4分待ちました!!それが上の写真です。
若干、お湯にで溶けきれなかった粉末スープが麺の上に乗っています。
そうするとカップの下にも、溶けきらない粉末スープが沈んでいるかも・・・
箸で、よーく撹拌しないとね!

ハイ!出来上がりです。
なんだか富山ブラックみたいに・・・見える(笑)
麺は、黄色みかかっている・・・麺を箸ですくい上げてみると・・・

なんだかイカスミパスタみたいだなぁ~笑
赤に比べ、見た目はイマイチ・・・
早速スープを飲んでみると・・・・?結構スパイシーじゃない?!
黒胡椒の味わいが強いです。
決して辛くはないのですが、カレーらしい夏場のカレー!!と云う感じです。
夏場のカレーというのは、粘度が低めのサラッとした感じと申しましょうか・・・カシミールぽい色合いで、コルマカレーに近いかも。
冬のカレーは、煮込まれた粘度が高いカレーが好まれるけど、ラーメンには向きづらい・・
その点、粘度低めのコルマカレーなどインドのカレーはラーメン向きだよね!
出来映えは、麺さえ改良されれば良しだね!

2019年12月24日火曜日

エースコックCoCo壱番屋監修 麻辣赤カレーラーメン実食

今日は、エースコックからCoCo壱番屋とコラボしたカップ麺2種が発売されたので、まず赤から実食です。

ちなみに黒もあるのです。でも同時に実食は流石に食べられないので次回で!
さてパッケージ全体が赤基調・・・辛さをイメージさせているのでしょう!
麻辣と書かれているけど、今までの経験から名前倒れが殆どなんですよねぇ~
サンポー食品ぐらいですよ!顧客に媚びずに、ズバリストレートで勝負するのは・・・笑

カロリーは439kcal!
カレーとしては低めになってますね!
カレーラーメン系は、大概500kcalを超えるのが殆どなのですが・・・
カップは、スーパーカップ級の大型で、いわゆる大盛カップ麺タイプ
早速開封していると、小袋が2つ!
大きいのが・・・

かやく入り粉末スープ?なーるほど~ザ・WORLD!
このかやく&スープの混合物を入れるだけで事が済むのね!
早速開封して投入!

お?!カレー粉とおぼしき粉末物質は赤っぽい!
それと肉変らしく固形物も見て取れます。
小袋は、辛み調整用だから後入れね!
お湯を投入し、3分待つのだゾ!大五郎!! ちゃん!!!

3分経過した姿です。
へぇ~既にカレーラーメンらしく感じますね!
それでは最後の仕上げに、辛さ調整用粉末物質を投入

お!赤い粉末物質!!!唐辛子か?いやガラムマサラでないの?
容器には香辛料としか記載が無いです。
で箸でよーくかき混ぜて・・・

出来上がり!
まぁ~麺は、とりとめてレポするほどでもないのでスープは如何に?
確かにスパイシーな辛さは感じます。
そうドライカレーのような感覚というか・・・
輪切りの唐辛子だ!!

麻辣とは、麻は痺れで辣は辛み・・・この唐辛子が辣をになっているの?
スープを飲みながら食べていくと、下に痺れる感覚が出てきました。
これは花椒をなども含まれているのか・・・良い感じのスパイシードライなスープです。
濃度的には、薄タイプの(カップヌードルのカレーは粘度濃いめ)カレー

CoCo壱番屋のカレーは、15年位前に食べた程度なので判りませんが、舌の感じはゴールデンカレー辛口・・・あ!そうか、CoCo壱番屋ってオーナー夫婦が株式を全部S&Bへ渡して、S&Bの子会社になっているんだった!
そうか!だからだせるスパイシーさなのね!
麺は普通だけど、カレースープの出来としては悪くないと思います。

2019年12月23日月曜日

日清麺NIPPON 和歌山特濃豚骨しょうゆ(8月26日発売) 実食!!

あれ?と思った方は、カップラーメン通の方でしょう。
実は『行列のできる店のラーメン 和歌山』を、リニューアルした商品らしいですよ!
行列のできる店の・・は、袋麺タイプではよくスーパーに並んでいますよね!
私も見たことがあるけど2食入って350~298円辺りで販売されてますよね。
今回は、和歌山観光協会からの推薦を得たようですよ!
カップの蓋にも右下に印刷されてます。
和歌山ラーメンと云えば、濃厚な魚介豚骨ラーメンで当ブログでも日清以外の商品をレポした事があります。
茶褐色系のトロミ?さえあるかなぁ~と思われるほどの濃厚さ!
なれ寿司(琵琶湖のフナ寿司のような発酵食品)と共に食べるらしい・・・お店には、早なれ寿司の小さいのが、置かれていて食べた分支払時に自己申告!
渋谷の宮益坂にラーメンビルが有ったとき(今無いのかな?)2階か?3階に和歌山ラーメンが入っていて食べた記憶があります(もう十数年前)

開封してみると、小袋3つ!
液体スープ?、粉末スープ、かやくですね!
ん?アルミ蓋の裏側が・・・

あれま!和歌山ラーメンについてウンチクが書かれていますねぇ~
これ凄麺と同じだ!(パクリとは云いません、裏側の有効活用です)
早速かやくと粉末スープを開封して中へ

お!なるとらしき可愛い物体が・・・
お湯!お湯!!4分待つのだゾ! 大五郎!! ちゃん!!!

4分後の姿です。
残った液体スープ(醤油ダレだね)を投入~

一気に油がパーッと表層を被います。
アブラカタブラ~ 箸で、麺を解しながら撹拌なのですが・・・麺が、なかなか解れない!!
熱いお湯を規定値まで入れて、しっかり4分密閉して待ったのに・・・解れない?

出来上がり状態です。
やっぱり凄麺とは、製法の違いなのでしょうか・・・食感は生麺に近いのですが、麺の状態等を見ると凄麺の方が上ですね!

具材は、なるとにチャーシューにメンマと青葱!
スープの味も悪くないです。
だから麺の解れ具合・・・これがねぇ~少~しばかり、固いかなぁ~

2019年12月22日日曜日

サンヨー食品 担担麺専門店 銀座ごまる 実食

2019/9/17新発売された実店舗監修のカップ麺 銀座ごまるを食べてみました!

カップの蓋上に、小袋がパイルダーONされています。
包装を破いて、小袋をとると・・・

でけーなー○に5だよ!笑
何か奇妙なパッケージ・・・
カップの周りは、この様な感じになっています。

カップがプラで出来ていて、分別のために紙の部分を取れるようになっていたのです。
しかし今時、プラとはねぇ~ 環境に配慮されてないですよ!
サンヨー食品さんは、環境問題についてどうお考えなんでしょうかね?
兎に角お湯を入れるために開封すると・・・

中は、この様な感じです。
煎り胡麻が散乱している・・・笑
早速お湯を規定値まで投入して、3分待つのだゾ!大五郎!! ちゃん!!!

3分後の姿です。
結構表面が混み合ってますね!
胡麻ごましてる・・・そうそう小袋を開封して入れないと・・・

お!辣油じゃん!!
よーくかき混ぜて完成です。

何だか、最初より寂しい姿になってしまった・・・
まぁ~スープを飲んでみましょう。
・・・う~んお湯は規定値まで入れたのだが・・・薄い感じがする!
胡麻の香りや味わいはするのですが、ベースの味噌味がう・す・い!
コクが感じられないのです・・・う~ん残念な一杯だなぁ~
麺は普通の油揚げ麺だから、とりとめて評価するにあたらないけどねぇ~
斬!!

昨日の記事

埼玉県ときがわ町 大盛の食堂 アライ 回顧

食べ歩きを20年程やっていると良いお店は勿論、悪いお店にも偶に出くわします。 しかし悪いお店にしても生活が掛かっているので、記事にするのはなるべく差し控えるのもグルメブログのマナーかな・・・笑(誹謗中傷に抵触) 今回、埼玉県ときがわ町で出くわした食堂 アライさん(良い方ね)を...

閲覧が多い記事