投稿

最新記事

サッポロ一番 みそラーメン 菰田欣也監修 四川火鍋風 タテビッグ/ベースを考えればなぁ~

 今回は四川料理の菰田シェフ監修のカップ麺! 小生、菰田シェフに有ったことが有るのよ! 五反田にファイヤーホール4000と云う店があって、コロナ前は毎月1回は<激辛火鍋肉団子定食>をランチとして食べにねぇ~ この料理が、まじ激辛でねぇ~ 肉団子が6個ほど入った土鍋で・・・ これ完食してます! 乾燥赤唐辛子がゴロッと入っている! 私はスープまで完飲(もちろん唐辛子も完食)する! 激辛好きの元同僚<馬島>氏も流石に汁までは飲めなかった。(^▽^) まぁ~そこまで辛いカップ麺じゃ~無いだろうけどね! メーカーHPを見てみると・・・ 一流中国料理人 菰田氏監修の下、サッポロ一番 みそラーメンの味わいを痺れる火鍋の辛さでアレンジした濃厚な一杯です。 スープの絡みをよくするために適度なちぢれをつけ、食べ応えのあるもっちりとした食感の太めんに仕上げました。 「サッポロ一番 みそラーメン」の味わいをベースに、ポーク、かきのうまみと豆板醤、花椒の辛みを加えた、四川火鍋風のみそ味スープです。ガーリックの風味、ごまのコクを加え、奥深い味わいに仕上げました。 具材は鶏つみれ、キャベツ、チンゲン菜、しいたけ、唐辛子の組み合わせです。 油揚げめん(小麦粉(国内製造)、植物油脂、でん粉、食塩、粉末卵)、スープ(糖類、みそ、食塩、香辛料、豚脂、植物油脂、香味油、ポークエキス、たん白加水分解物、かき調味料、豆板醤、ごま、酵母エキス)、かやく(鶏つみれ、キャベツ、チンゲン菜、しいたけ、唐辛子)/加工でん粉、調味料(アミノ酸等)、炭酸カルシウム、かんすい、カラメル色素、増粘剤(キサンタン)、トレハロース、香辛料抽出物、レシチン、微粒二酸化ケイ素、クチナシ色素、香料、酸化防止剤(ビタミンE)、パプリカ色素、ビタミンB2、ビタミンB1、酸味料、(一部に小麦・卵・乳成分・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・魚醤(魚介類)を含む) 【実 食】 蓋を開けると、具と粉末スープと麺がカオス状態! つまり熱湯だけ注ぐだけ! 5分待つのだゾ! ジャック!! OK?? この様な感じですよ~ カップの蓋にも書かれていますが、底の方までよ~くかき混ぜて~と・・・云われんでもフルかき混ぜだぜ!(カレーなどは溶けきらないんだよ!) それと蓋の上に付いている別添の<仕上げの小袋>を・・・辣油だね! これで完成です。 まぁ~ベースが<サッポロ一番

農心 辛ラーメンをマジに作ってみたら・・・ペヤング仕様に出来たゾ!

遙々来たぜ!国道を西に走って、道の駅でブランチ喰らう! 静岡県小山あたり~

アジフライを<卵綴じ丼>にしたっていいじゃないか!で作ってみた・・・

寒くなったら<鍋焼きうどん>だべサ! 備前屋長兵衛の<丸亀 釜揚げうどん>再び!