2020年1月25日土曜日

日清 どん兵衛 黒酢酸辣湯うどん 実食

今日は、2019年夏にリニューアル発売された酸辣湯うどんです。
酸辣湯麺と云えば、中華である酸っぱくて辛い溶き卵の入ったスープ!
小生も大好きな酸辣湯麺でして、特に揚州商人の酸辣湯麺は旨い!
追酢や追辣油もするほど・・・笑
あの酸味と辛みがタマランのです!

そんな酸辣湯麺のうどん版として、どん兵衛でリリース!
どうも夏限定版のようで、賞味期限も2020年1月となってました。
でググってみても日清のHPには消えてないようです。
出てきたのは、2016年頃の初期バージョンのもの・・・
今回のは黒酢を使い、独特の香りと【黒酢の酸味】を強調しているようです。
2016年版は、普通の香酢を使用しただけのようです。

香酢と黒酢では、かなり味わいが違います。
鎮江黒酢なんかだと、かなり香りもキツくて好き嫌いが分かれるかと思うほど・・・
餃子とかには黒酢は、個人的にはどうかな?と思いますが、汁物ならばねぇ~
開封してみると・・・

液体スープとかやく(溶き卵でしょう)の二袋です。
あとは葱は、直にカップの中に散乱しています。
ではかやくを入れると・・・

黄色い花のようですね!
ではお湯を投入!
5分待つのだゾ!大五郎!! ちゃん!!!

ハイ!5分経過した姿です。
まぁ~麺上に、黄色い溶き卵が復元されています。
そこへ最後に液体スープを投入~

Oh!茶褐色粘度高めの液状物質が出てきました!
すると香りがプーンと漂ってきます。
箸でよーくかき混ぜて完成です。

早速スープを一口・・・黒酢独特の味わいが口いっぱいに広がります。
個人的には、もう少し強めでも良いんだけど~と思うぐらいですが、万人向けには丁度良い酸味レベルかと思います。
辛みは・・・少ないですねぇ~
もう少し強めの辛みを加えても良いと思います。

麺は、何時ものどん兵衛なので省略
出来映えとしては、まぁ~良いんじゃないの~と云った感じです。
自宅でならば、お鍋で溶き卵を作り追溶き卵を入れ、具入りの辣油を追加したいかなぁ~
冬でも十分対応出来るうどんになると思うけど・・・味噌チゲがあるんだから!

2020年1月24日金曜日

埼玉県川島町 川島呉汁のうどんを食べる!

今日は、埼玉県の中央辺りにある川島町の郷土料理 川島呉汁と武蔵野うどんを融合させた呉汁煮込みうどんです。
そこで川島呉汁について調べてみました!(参考サイト)
「かわじま呉汁」とは、「呉汁」をもっと美味しく食べられるように、たっぷりの野菜と芋がらのシャキシャキ感が最大の特徴で開発した川島オリジナルの呉汁です。
小生2017年に川島町を訪れたときに1度頂いた事が有ります。
その時、かわじま呉汁について書いたら・・・呉汁は~と異論の頂いた事が有りました。
呉汁はさぁ~と・・・小生20年も食べ歩きをしているので、その地その地での発展した食があるので異論を持つことはないです。
さて今回も2017年時と同じお店、【手打ちうどん庄司】というお店です。

何でも大将は、元スポーツマンだった(有名らしい)とか・・・
開店は10:30~ 早いね!ブランチが食べられますね!
と云う事で、小生も10:30頃来店を試み、9時から年末挨拶回りをしながら朝食はロールパン1個を朝6:30に頂くだけに抑えておきました。
10:40店内に入ると・・えーー既に老夫婦が居るではないか?!

長―いカウンター席の厨房を正面から捉える位置に着席しました。
確か前回も同じ席だったような・・・
3年ぶりなのでメニューを一応検討です。
消費税UPの関係で、呉汁うどんは+100円の1,100円になってます。
小盛は400g、中盛は550g+100円なので、呉汁煮込みうどん中盛をお願いしました。

テーブル上には、七味(七では無さそう)唐辛子と、ごま辛油?これ辣油じゃないのですよ?!辣油って赤唐辛子を胡麻油で煮込んだようなモノだからね!
まぁ~いいけどさぁ~笑
待つ事10分チョイかかりましたねぇ~出て来ました!

これだよこれ!!土鍋がグツグツ煮えたぎっています!
黒い大きな椀が一緒に添えられていますが、熱いの苦手な人向けでしょう。
私は、猫舌では無いし冬場は毎日曜日は鍋焼きうどんを食べる人!
この程度の熱さに怯んでいては、土鍋煮込みうどんなど喰えない!

中央に、前を擂り潰した団子状の物体が乗っています。
このドームを切り崩し溶かしながら頂くのです。
ほうとうと比べると、相当濃厚なスープ!

同じ味噌ベースですが、こちらは八丁味噌だそうです。
それが相当濃い口になっているので・・・杓文字で飲んでみると・・・おー八丁味噌だよ~
これは小生好み! ドームを切り崩してスープに溶かし込むと独特の味わいに・・・
八丁味噌の甘みの後に独特の酸味と云いましょうか・・・名古屋の味噌煮込みうどんとも違いますね!

麺は太平打ち麺で、煮込んでもへこたれないコシの良さです。
打ったあと寝かせてグルテンを増やしているのです。
豆モヤシや南瓜、蓮根など根菜類や茸類も入っていて、食べ応え十分です。

元々のうどんは乳白色ですが、八丁味噌で煮込まれ茶褐色に・・・
これが歯ごたえがあってねぇ~マイウーです。
いやー冬にはサイコーの煮込みうどんです。
スーパーで売っている【玉うどん】なんかだと、煮込むとブヨブヨになってねぇ~
常々小生は、煮込みうどんには【吉田のうどん】がベストだと思っております。
今回の庄司のうどんも、十分に合格ラインのうどんでした。

PCでググっているとき何処かの口コミに、ドーム状の物体を【おから】と勘違いしている人が居たようですが、おからとはまるで違うことを申し上げておきます。
おからは豆腐の出がらし、擂り潰して団子状にしただけなので出がらしではありません。
お勘定のでレジスタの処に行ったら、大将がわざわざレジ脇まで来て小生の顔を見て挨拶をされていました。
ただ呉汁のうどんを食いに来た人ではない!と思われたかしら・・・笑

2020年1月23日木曜日

国分寺 昭和の中華系食堂 淡淡 初訪問

今日は所用で多摩地区へ外出です。
国分寺からバスに乗るのですが、その前に腹ごしらえ!
それじゃ~と外出前にググって、トンキにしようかなぁ~とかラーメンは能が無いしなぁ~とか考えて、1度訪問した【フジランチ】を再訪しよう!と、井之頭五郎なみにいさんでやって来たら【定休日】ガーン!! 頭の中は洋食プレートに染まっていたので、そのショックたるや並でない!
しょうが無く次を探すか・・・『そう言えば、肉餡かけ炒飯とかいうのを出すエラく昭和な店があったけ・・』と思い出し、歩を進めました。

こちらです!
正しく昭和枯れススキ~的な哀愁を感じさせる食堂のようです。
ビジネスホテル千成、味の名店街・・・昭和や~

デカイ赤い幟で【肉あんかけチャーハン】をアピールしている
店前に、メニュー他が貼り付けられています。
こりゃまた、随分とベタな食堂やなぁ~
なになにチャーハン系と肉丼系にラーメン系か・・・
それも相当年期の入っていそうな店内です。
11:30開店直後に暖簾を潜りました!既に2名先客がいます。
店内は、一見して油っこそう~変な形の厨房を囲むカウンター席と、三角形の2辺だけのカウンターと外側を見る形でカウンター4席です。
私は、入口側の外を見る形のカウンター席へ・・え?丸い椅子が油っぽいじゃん?!
それと気づいたのは、先客用の調理する熱というか排気が店内へ逆流しているような・・・
排気が追いつかないのか、換気扇のパワーが足りないのか・・・
これは大変な店に入ってしまった様だ・・・後には引けないので・・・

えーとどれにするか?何処かの口コミでチャーハンに付いてきた中華スープに、髪の毛が・・と書かれていたのを思い出し、余り高額出費は避けよう!と考えて、店のイチオシ肉あんかけチャーハン800円を注文しました。
刻一刻と12時に近づくにつれ、来店客が・・・全員ヤローどもです(笑)
まぁ~そうだよなぁ~(この店では女性は入りづらいよな)
唯一、高齢のご夫妻らしきカップルが来店したのみです。
11:50頃ようやく出てきました。

こちらが本日のランチ 肉あんかけチャーハン並盛800円です。
見た目は、悪くないじゃん!(店とは違い)
できたての肉餡かけから、モウモウと湯気が立ち上がります。
これは良いんだけどね!

で盛も悪くないじゃん?! 普通のチャーハンの1.3倍くらいはあるかな?
肉餡かけもターップリ掛かっています。
早速食べてみると・・・

しっかりと肉あんかけに味が付いています。
メニューには、肉あんかけライス600円と云うのがあるが、違いは白ライスとチャーハンの違いか・・・
でそのチャーハンだが・・・
気持ち卵が入っているようでが・・・肉類は無しのようです。
このチャーハンは、油でライスと卵を炒めたモノなのね!
それに肉あんかけチャーハンが掛かっている訳ね!

その差200円・・・どう考えるか?
ビミョーだな~笑
餃子が300円だから、肉あんかけライス600円と餃子300円にしても良いかもしれない!
その方が内容の充実度は増すだろう!
因みに【特盛】というのが別欄に設けられていると云うのは・・・デカ盛り対応品?
多分2合ぐらいのご飯になるのか?
総評として、そう悪くない肉あんかけチャーハンだったが、店がねぇ~1度リフォームした方が良いんじゃ無いのかねぇ~
妙齢な女性達は、来ないと思うよ!

2020年1月22日水曜日

渋谷区神泉 カレーやさんリトルショップ 再訪

今日は、渋谷時代にお気に入りで訪れて居たカレー屋さんです。
場所的には、井の頭線神泉駅の方が近いです!
東急本店から東大へ向かう道筋沿い、だから駒場東大生もよく訪れて居ます。
渋谷区でも有名なカレー屋さんなのです!営業はランチタイムだけで、ルウが無くなり次第終了なので、場合に寄っては13時になる前に打ち止め!になる事も。

そんなリトルショップは、2018年5月25日に日テレのエブリィでも紹介されたのです。
私も見ていて、いきなり出て来たのでビックリ!
何でそんなに有名なのか?それは・・・

そうなんです!御飯多いのです。
大盛もありますが、軽く1kg超!でカレーのルウが器から流れ落ちる・・・
中世の地球の姿を画に描いたのがあるでしょう?平面で、海の果ては流れ落ちる画!
アレみたいなのです。(まだ地球が丸いと思われて位異な頃の話ね)

メニューは、カレーだけ当たり前だのクラッカー(カレー屋だもね)
で御飯だけが多い訳では無いのね!

そう!カレーは鰹だしと玉葱ベースの甘めの和風カレーでルウだけです。
具材は、別途盛り付けられるのですが、これが凄い!
写真の男性がご主人の水谷さん!(ちなみに私よりひとつ下のアラファイ)笑
奥様はスレンダーなお綺麗な方で、高校時代の同級生だとか・・・
とても小生よりひとつ下の女性とは思えない容姿です。
11:35に到着したら外に4人待ちで、店内満席です。
箱が小さくて、カウンター6席とテーブル2卓。
待つ事しばし・・店内に入ったのがほぼ12時!(30分弱待ったかな)
消費増税後もお値段は据え置き!水谷ご夫妻の努力なのでしょう!
だから一番高いオススメ スペシャルカレーを注文で『御飯3/4ね!』
すると『御飯少なめだね!』とにこり。
暫くして出て来ました。

こちらです!
TVでもオススメは、スペシャルカレーと云われていたモノです。
御飯をお皿に盛り付けるとき、私をみて『これ位?』と確認して頂きました。
直系約30cm超えの丸いお皿に、満々とカレーが満ちています。
スペシャルだと、チーズとトマトと菠薐草が追加され、無いのが【気まぐれ】と呼ばれ700円なのです。

横から見ると、この様な感じです。
具はタップリ過ぎるほど・・笑
これで800円だからね?!非常にコスパ高いです。

具は、トンカツ・鶏唐・厚揚げ・揚げ茄子・揚げピーマン・ヒジキ・茹でキャベツ・目玉焼き・1/2茹で卵・チーズ・菠薐草・ミニトマト
どうですか?凄くないですか?
それいて800円税込み・・だからご夫妻の努力に対して、食べ残しは厳禁だし失礼です。

だから五反田に引っ越した今でも、年に1~2回は食べに来ます。
甘口ですが、テーブルにガラムマサラが置かれているので、好きにルウにかけて辛くして下さい。
2019年は1月16日と12月13日の2度訪問でした。

2020年1月21日火曜日

とんかつ神楽坂さくら 五反田店 初訪問

今日は2019年10月にオープンした、とんかつ神楽坂さくらです。
五反田では、2018年に【かつや】が1年足らずで閉店した街です。笑
とんかつ屋はあるのですよ!でも東五反田界隈には・・・なかったよな!
そんな東五反田界隈に、ちゃーんとした【とんかつ屋】が開店してくれて・・・ウレ
ピー!

さてそんなとんかつ屋さんへ初訪問です。
事前にネットでググって調べ上げたら、オープン記念クーポンが出てきたので、折角だから利用させて頂きましょう。
11:45頃店内に入ると、90%程の埋まりようです。(どひゃー)
カウンター席もあり、そちらにお一人様なので座れました。
早速メニュー拝見

左側がランチメニュー、右側がスタンダードメニューですね!
ランチメニューは、ロースカツは・・・無い!
ロースカツはスタンダードメニュー内にしかありません。
上ロースカツ1600円を頼もうかと考えたのですが、そうだ!クーポンが有ったんだ!
店員さんに、コレ使えますか?と確認したら、しばしジト見!・・・
『はい使えます』これで、メンチカツを無料で1個確保でけた!

そうなるとメインは、ロースカツ定食1250円税込みにして、メンチカツ実売300円をサービスでつけてOKだ!
注文したのが11:50!
そこからが待った・・・・5分、10分、15分・・・やっと出てきました!

ランチでは15分は長いよなぁ~ 笑
それもしじみの味噌汁が付いてこない・・・お待ち下さい!直ぐにお味噌汁お持ちします!
・・・20秒ほどして出てきました。
どうもフロア担当は、女性2名だけで回しているようです。
箱にしては少ないか?
厨房は、ランチはどうも2名で回しているのでは?

さてお料理ですが・・・美しいじゃない?!
ロースカツは120g、メンチカツは60gです。
キャベツは、瑞々しい~細線切りなので柔らかい!
ソースは、甘口と辛口の2種が用意されています。
それと柚醤油もありね!
あとは塩と辛子が有ります。

ご飯は、堅すぎず柔すぎず・・・美味しいです!
そうそうご飯と味噌汁とキャベツはお替わりOKですよ!
でもキャベツは、初期値が超大盛なので、お替わりはしないかな?
メンチカツですが、中がどうなっているのか?箸で二つに割ってみました。

へぇ~牛と豚の合い挽きメンチですね!
食べてみて牛の味がしっかりしてます。
ロースト&メンチで総量180gで、丁度良いあんばいです。
ご飯を半分と、しじみ汁を1杯お替わりさせて頂きました。
でお勘定と思い、オーダー票を見るとメンチカツが100円で計上されています。
オイオイ!サービスじゃないの?
レジでお姉さんに、紙を見せて『このクーポンだけど使えると聞いたけど、オーダー票に100円となってるよ!』と伝えると、『ちょっとお待ち下さい!』とハンディーターミナルを操作・・・
すると『あハイ!申し訳ありません、こちら訂正させて頂きます』と云われて、1250円になりました。
まぁ~回転して2ヶ月程度だから、オペレーション慣れはまだかな・・・笑
それに丁寧な対応だし、お味も悪くないので因縁付けたりは致しません。
ポイントカードを頂き、又参ります。

2020年1月20日月曜日

餃子製造販売店 町田 いち五郎 初訪問

今日のランチは、居酒屋なのか?和風ビストロなのか?よく判らないお店です(笑)
一応看板には、【餃子製造販売店 いち五郎】と書かれているので、居酒屋と云うより餃子屋&食道的な居酒屋なのでしょう・・・笑

写真の左側には、酒のメニュー等が値段入りで書かれているし種類も豊富!
サワーとか299円~豊富です。
だから昼飲みしている男性が数名・・・ゴクリ!

1人なのでカウンターへどうぞ!と云われ、厨房が見渡せる1番良い席に着席!
目の前にはジャーがあり、お茶碗につがれる御飯の量が判ります。
早速メニュー拝見!

焼肉と唐揚げにオムレツのコンビネーションメニューが複数あり、もちろん餃子メニューもあります。
大阪王将みたいですね!
焼肉or生姜焼きか?迷い、そうだな!久しく食べていない生姜焼きと唐揚げ定食902円にしました。
オムレツを付けると55円Upのようですが、要らんだろう!(歳だしね)

単品追加メニューも有ります。
それと御飯ですが、中200gと大300gは無料で、特500gは150円増しでメガ650gは28円増しだとか・・・デカ盛り屋だと、この時点で気づきました。
ちなみにお替わり御飯は、有料になるので大を頼んで残す方が経済的です。
但し、勿体なので基本完食しましょう!
え?私の御飯?大に決まっているでしょう!
厨房では、焼肉オムレツ定食と私の生姜焼き唐揚げ定食の調理作業に入っています。
1つ気になったのが、右手に都度々ビニール手袋をハメ手は廃棄してを繰り返しています。
それが鼻をかむティッシュ並の回数なのです。
生食材を手に取るときに必須です。
衛生面での決まり事にしているのでしょうが、昨今のプラやビニロンなどの廃棄による環境汚染が問題になっているので。どうかなぁ~と考えてしまう。
私の生姜焼きでしょう!2枚の豚ロース肉をフライパンへ
生姜醤油タレを加え焼いています。
唐揚げのタイミングを見て、油から揚げて調理用温度計を唐揚げに刺して確認(火の通りの確認でしょう!これも食中毒防止のため)
私の豚ロース肉を鉄板へ移動させたら、残りのフライパンへさらに生姜醤油タレを加え、再加熱し移動させた肉の上へタレをかけています。

ハイ!出て来ました!
最後に冷蔵庫から、小さなタッパーを出していたので何かな?と思っていたらマカロニサラダでした!

唐揚げは、片栗粉タイプの衣!
揚げたてなので熱々です。
私は、醤油を少量かけて頂きます。

こちらが生姜焼きです。
薄い切り落とし肉タイプでは無く、しっかり厚みの有る豚肉です。
御飯は・・・

大盛300gですね!
でも300g有るのかなぁ~
私には、ビミョーな量に感じましたがお腹はOKです。
餃子定食を頼む人が、多いのは確かです。
でも餃子10個と御飯に味噌汁のセットでは、正直ランチ~と納得するのは難しい!
だって餃子ってどうもオカズになりずらいし、餃子は5個も食べれば十分だしね!
餃子製造販売店入って、餃子を頼まず生姜焼きと唐揚げの定食を喰った小生ですが・・・
総評:価格的には税込880円がベストプライスかと思います。今回902円・・・サラ飯で900円を1円でも超えると高いと感じられます。

2020年1月19日日曜日

寿がきや らぁ麺紫陽花 醤油らぁ麺 実食

今日は名古屋で有名な<寿がきや>のカップ麺です。
それもミュシュランガイドに掲載された(らしい)らぁ麺紫陽花の醤油らぁ麺を再現したそうです。

へぇ~ミュシュラン・・・タイヤかいな?なんて、小生には全く縁が無いガイド本!
そんなことは、どうでも良いのですが旨いか?旨くないか?が問題です。
生醤油と鶏の風味(チー油)が香るスープに、全粒粉の平打ち麺だそうです。
2019年8月6日発売!!

カロリーは 397kcal!
早速開封すると、中から小袋3つ!
後入れかやく、チャーシュウ、液体スープ!
湯がかれる前の乾燥麺は・・・・

こんな感じです。
今まで余り見たことが無い感じですねぇ~
ツブツブが麺の各所に見て取れます。
これが小麦の胚芽の部分にあたるのでしょう。
早速チャーシュウを入れてお湯の投入!
4分待つのだゾ!大五郎!! ちゃん!!!

4分後の湯がかれた状態です。
へぇ~よりツブツブがハッキリしてますね!
それでは後入れの液体スープを、かやくを投入!

ドボドボ~っと液体スープを入れると、表面にパーッと油が広がりました。
チー油(鶏油)でしょうね!箸で丁寧にかき混ぜて、最後に後入れかやく=葱を入れました!

完成で~す!
濃~い色合いの醤油色!表層には光を反射するほどの油面があります。
ちょっとメタボの小生には気後れする姿・・・笑
早速スープを飲んでみると・・・

おーー唇に油が感じられ口内には、醤油の味わいがパーッと広がります
この味わい嫌いじゃないです!
醤油の臭いが薄らと漂いますねぇ~ これが生醤油を液体のまま利用した結果なのでしょう。

麺は、平打ちの・・縮れ麺になってるけど、これは意図的なのか?加工したときの状態から湯がいた状況で、ちぢれぽくなったのか・・・HPには特に縮れ麺とは記載がありません。
でもモッチリした食感で、フリーズドライ製法の麺の中では出来は良い方だと思います。
全体として、美味しい醤油ラーメンとして出来ています・・・が、チー油がスープの表層を被っているのは中高年にはチョイ引き気味になるかもしれない!笑
でもスープを冷ますのを抑えるのには良いかもね!

昨日の記事

ガツンと旨い!!黒からラーメン(袋麺)実食

今日はドン・キホーテやユニーでの専売(?)袋麺が、寿がきやから発売されました。 商品は、名古屋の赤から(せせり鍋で有名)派生した、姉妹店 黒からの定番メニュー【黒から鍋】の締めラーメンをイメージしたラーメンらしいです。 販売も限られたルートのみと云うのは、ドンキと寿がきやがプ...

閲覧が多い記事