2020年1月25日土曜日

日清 どん兵衛 黒酢酸辣湯うどん 実食

今日は、2019年夏にリニューアル発売された酸辣湯うどんです。
酸辣湯麺と云えば、中華である酸っぱくて辛い溶き卵の入ったスープ!
小生も大好きな酸辣湯麺でして、特に揚州商人の酸辣湯麺は旨い!
追酢や追辣油もするほど・・・笑
あの酸味と辛みがタマランのです!

そんな酸辣湯麺のうどん版として、どん兵衛でリリース!
どうも夏限定版のようで、賞味期限も2020年1月となってました。
でググってみても日清のHPには消えてないようです。
出てきたのは、2016年頃の初期バージョンのもの・・・
今回のは黒酢を使い、独特の香りと【黒酢の酸味】を強調しているようです。
2016年版は、普通の香酢を使用しただけのようです。

香酢と黒酢では、かなり味わいが違います。
鎮江黒酢なんかだと、かなり香りもキツくて好き嫌いが分かれるかと思うほど・・・
餃子とかには黒酢は、個人的にはどうかな?と思いますが、汁物ならばねぇ~
開封してみると・・・

液体スープとかやく(溶き卵でしょう)の二袋です。
あとは葱は、直にカップの中に散乱しています。
ではかやくを入れると・・・

黄色い花のようですね!
ではお湯を投入!
5分待つのだゾ!大五郎!! ちゃん!!!

ハイ!5分経過した姿です。
まぁ~麺上に、黄色い溶き卵が復元されています。
そこへ最後に液体スープを投入~

Oh!茶褐色粘度高めの液状物質が出てきました!
すると香りがプーンと漂ってきます。
箸でよーくかき混ぜて完成です。

早速スープを一口・・・黒酢独特の味わいが口いっぱいに広がります。
個人的には、もう少し強めでも良いんだけど~と思うぐらいですが、万人向けには丁度良い酸味レベルかと思います。
辛みは・・・少ないですねぇ~
もう少し強めの辛みを加えても良いと思います。

麺は、何時ものどん兵衛なので省略
出来映えとしては、まぁ~良いんじゃないの~と云った感じです。
自宅でならば、お鍋で溶き卵を作り追溶き卵を入れ、具入りの辣油を追加したいかなぁ~
冬でも十分対応出来るうどんになると思うけど・・・味噌チゲがあるんだから!

0 件のコメント:

コメントを投稿

昨日の記事

鶏の唐揚げとチキン南蛮のコンビ定食! 五反田てけてけ

このブログもGoogle【Blogger】の機能でTranslateがあり、各言語に機械翻訳されるためかワールドワイドになりつつある!笑 先日などアメリカから225もアクセスがあり、日本国内など50ぐらいで4.5倍も多い! その他、中国、ウクライナ、アルゼンチン、ドイツがポロ...

閲覧が多い記事