2020年4月18日土曜日

大黒のご当地太麺系 京都鶏白湯 実食

今日は、群馬県佐波郡玉村町に本社をおく即席麺メーカーの大黒食品工業です。
何それ?聞いたことが無い」・・・という声が聞こえてきそうですが(メーカーさん
失礼します)、前回札幌ラーメンを実食したので小生もなんとな~く記憶していま
す。
マイフレンドというブランドなら、ドンキホーテなどで見たことがあるかと・・・
株式 非上場で資本金5,000万円の会社です。
即席麺メーカーと云えば、日清・東洋水産・エースコック・サンヨー食品等多くの
メーカーが群雄割拠する世界。
小さなメーカーさんも数多ある・・・ サンポー食品など九州のメーカーさんでしょ
う!
でもそれなりに各社頑張っています。

さて今回は、ご当地太麺系シリーズの京都!
でもHPでググっても、大黒食品工業の商品一覧にはのってないのですよ!
発売は、数年前にされているようで報道用pdfがヒットした程度です。
でも手に入れたのは、3月頭でしょう!だから現行商品だとは思うのですが・・・
業務スーパーなどには置かれてますよね!
私は何時もの通りメガドンキで安値で購入しました。
早速、商品を・・・開封~!

中から小袋3つ!
液体スープ、粉末スープ 以上が後入れね!
それとかやくです。
安い割には、コストがかかってるよねぇ~
早速、かやくをカップに入れてお湯の投入です。
4分待つのだぞ! 大五郎!! ちゃん!!

4分経過後の姿です。
ぶっとい麺ですねぇ~
スーパーカップやでかまるに近いと云うより、太いかも・・・
まずは粉末スープを投入です。
開封して粉末を落とし込むと、白胡椒の香りが・・・・
続けて液体スープを投入です。

何とも言えないトロミがある油状の液状物質が・・・・
ぱっと見は、正直旨そうには見えないけど・・・・笑
箸で、よ~くかき混ぜて~完成です。

スープは白濁した感じになりました。
はてさて味の方は、如何なものか・・・・
スープを飲んでみると、化学調味料のエグミというか・・・ストレートに感じます。
あの粉末だな!?
う~んこの味わいは・・・やっぱ安いだけのことはある。

麺は、ご覧の通り太い!
食感は、安いカップ麺特有のボソボソした感じです。
まぁ~価格からすれば、ごく一般的な麺です。
完食後の評価としては、ねぇ~ねぇ~何か食べるものない~?と聞いて、夕食までは
時間があるからカップ麺でも食べときな!という、シチュエーションで出てきそうな
カップ麺。笑
凄麺などは、まず出てこないでしょう!?だってカップ麺だけど主役を張れそうなで
きだしね!
これはメーカーとしての開発費の予算の違いだろうねぇ~
大手は、人手もお金も掛けるけど・・・それに製造ラインも違うしね~
資本金5,000万円のメーカーと云えば、中小企業だから多くを望んではいけないよ!
と云うことで、おやつとしてはOKなカップ麺でした。

2020年4月17日金曜日

緊急事態宣言初日のランチは、シャッター街のなかで・・・Klass

2020/4/8 政府から宣言がでた翌日、仕事で出社~のため朝5:07の電車に乗りましたが、確かに何時もより減った感はしましたが、まぁ~こんなモノかなぁ~と、新宿から山手線5:49に乗って五反田へ
若干人は減った程度だったのですが、11時頃の五反田から新宿へ山手線へ乗車したら、確かに空いている!小田急の12:31快速急行藤沢行きも、ガラガラ・・・
相模大野駅のアーケード街もパチンコ屋は休業だし、閉めているお店も多いので宣言の画協力を肌で感じました。
さて困ったのはランチです。
磯丸水産が休業してるし・・昼呑みしている店なのに?
松のや?リンガーハット?揚州商人?・・狭い!狭すぎる選択肢(笑)
そんな時、目に入ったのが本日のお店《スポーツバー Klass》
ランチやっているんだ? じゃ~新規開拓でもあるので入ってみよう!

何だか久しぶりのパブの雰囲気です。
もうかれこれ10数年、呑みに行ったこと無いからなぁ~
着席して食事をしているのは、相模大野駅近隣にお勤めの方達と、作業で来られているガテン系の人達・・・
お隣の人と、皇帝ペンギン1.5羽分程の距離をとって着席!
早速メニュー拝見!

手作り感満載のメニュー!良い感じですネェ~
グリルチキンが売りのようですねぇ~ 全品800円!
その他、ハンバーグやカレーにシチューとドリア&パスタ!
でもチキンが7種類と一番多いですね~(チキン安いからね)
ケイジャン??タバスコ・チリパウダー?
これ私のハートを射止めました!決まった! と云う事で、ケイジャンチキンを注文です。
暫く待ちだろうから、スマホをいじること10数分・・・
出て来ました!!

こちらが本日の<サラメシ! ケイジャンチキンステーキ>です。
ワンプレート定食! 薄らデカイチキンとサラダにライスの相盛です。
サラダもチョイではなく、結構のってます。

千切りキャベツ主体で、レタスとコーンに砕きポテチに、サウザンアイランドが掛かってます。なんだか気っぷの良さを感じる量ですね!
で肝心のチキン!赤黒い色合いは、焼きすぎか?
まずは左の端にある、肉片を食べてみると・・・スパイシーーー!!
私がピリ辛と感じるレベルの、ピリ辛です。
これは旨い!

お茶碗大盛レベルのライスが進みます!
これ気に入った!!今日はラッキーかも・・・コロナが無けりゃ~来なかったかも知れない店だもの・・・

店主は、愛想の良さげな黒人の男性です。
もう少しで完食~と云うタイミングで、女性店員さんが愛す珈琲を持って来たので、あれ?と思ったら『料理を出すのが遅くなり申し訳ありません、こちらをどうぞ!』と。
な・なんという気配り!

気に入った!有り難う御座います。
店主は、帰った客席の後を丁寧に消毒液でフキフキしています。
メニューの下の方に、ドリームチキン限定5食と書かれていたので、是非次回【夢のような鶏肉】を食べに再訪しましょう!
お会計の時、店主が私に『遅クナリ、スイマセン!2人シカイナイノデ』と頭を下げてきたので『コロナ騒ぎだからしょうが無い!お気遣い有り難うね!又来るから!』と店を後にしました。

2020年4月16日木曜日

緊急事態宣言発表前 前日のサラメシは・・・

今日は2020年4月6日 とうとう日本政府がやっと緊急事態宣言をだす事になると、各メディアで情報が飛び交った月曜日です。
しょうじき遅いよ!全く遅い!!
経済経済・・とそればかり気にして、爆発寸前までまつ?!
そんなレベルまでいったら、潜在的感染者(未チェック)は爆発しているよ!
経済なんか、落ちたって回復して元に戻るだろう!死亡した人は生き返らないんだよ!!
と云う事で、日本人である小生は自国の総理大臣に<辞任しろ>と云いたいね!
で緊急事態宣言がだされると、諸外国のような強制力はないので営業しないで下さい的な、お願いモードを強めに発言するのです。
通勤も感染するリスクが高いから、テレワークや在宅勤務へ移行して欲しい!と云う事になり、人の動きを抑制するわけです。
そうなると外食産業、特に都心部のビジネス地域のお店は大変ですよ。
だって会社に来ないんだから・・・と云う事で、当然お店は一時的休業or閉店をせざるを得ない。
だから明日発表になると、より一層ランチを食べられるお店が・・・無くなる。

エロ山口と、久しぶりに居酒屋<そら豆>へ行ったら、開店準備中~
隣の、なると食堂を見たらランチ営業を再開はしていた(一時ランチ営業を停止)が再開、そかし若鶏半身揚げ定食が消えていた・・・ガックリ
しょうが無く五反田駅方面へ戻りつつ、そうだ超久しぶりにチャイニーズガーデン悟空にでも覗いてみよう!

やって来ました!本日3店目のお店 悟空です。
こちらのお店は、実はデカ盛りのお店なのです。
店員さんは、中国人です。
店員同士は中国で会話していてお客さんが来店すると、イラッシャイマセーと日本語に突然変わる・・・
店内に入ると、先客は1組2名だけ・・え?マジかよ!

普通だと3組6~7人は居るんだけど・・・これがコロナ不況の現実か・・・
さてメニューは何にするか・・・ 五目チャーハンは止めよう。
以前中盛を頼んだら、どう見ても大盛の量が出て来て苦しんだから・・・
私の想像だが、作り手が大盛と勘違いしたけど皿に盛る段階で中盛と気づいたが、既に作ってしまったので、皿だけ中盛用の皿に変えて、全部盛り付けた・・えーーい盛っちゃえ!的にね!

大盛の量は半端なく、普通の炒飯の3人前強はあると思う。
そこで今日は、蒸し鶏のネギ醤油ソース定食にしよう!
これ油淋鶏定食ですね!わざわざ判りづらい名称にしなくても・・・笑
エロ山口は、半チャーハン+担担麺のセット どちらも税込み750円(US$で7$程度です)
まずはエロ山口の料理が出て来ました。

担担麺と半チャーハンです。
担担麺は、芝麻醤を使ったタイプのモノです。
エロ山口は、料理に疎いのでメニュー名でどんなモノか? 判る物しか注文しません。
だから私の頼んだ、蒸し鶏・・・は味や姿形が?なので絶対に注文しない。

これが半チャーハンです。
半チャーハンは、流石にごく一般的な量で『これは普通だよね~』と云ったら、エロ山口も笑ってました。
つづいて小生の、油淋鶏定食が出て来ました。

こちらが本日のサラメシです(サラメシ=サラリーマンのランチ、働く人ランチです)
御飯とスープはお替わりできます(けどしないよ!だって丼御飯だよ)
油淋鶏とは、鶏を揚げて酢醤油と葱を合わせたソースを掛けたモノです。

だから味は、サッパリした味わいです。
量も、ごく一般的な量です。
女性店員さんが常連客と会話していて、明日から1週間ほどお店を休ませるとか・・
お客さん来ないから~と云ってました。
まぁ~そうなるよねぇ~ 特に居酒屋さん系ランチ提供店は厳しいね!

2020年4月15日水曜日

小田急線相模大野 麺屋よしひで初訪問 台湾まぜそば実食

今日は、3月連休最終日のの日曜日、コロナ不況で困られている外食産業を、勝手に応援しよう!活動の一環で何処か未踏の店は?とググっていたら、何と相模大野駅南に台湾まぜそばを提供する店があるじゃない?!
そこでチャリ男でやって来ました。

本当にあった!まさか台湾まぜそばが相模大野駅近場で・・・
ここで海外の方向けへ説明
 台湾まぜそばとは名古屋の、ご当地グルメで台湾ラーメンが起源です。
 それをまぜそば(汁無しで、丼の中にタレが入っているので掻き混ぜて頂くラーメンの一種)にした、汁無しラーメンです。
営業開始が11:30だったので15分ほど強風の中、外で待ち状態・・・
その間張り紙で勉強です。

どうも価格を下げたようで800円→780円です。
価格の処に張り紙がして訂正されてました。
混ぜそばの他に、醤油ラーメンと台湾ラーメン(辛いやつね)などもあります。
今時、価格を下げるとは・・・奇特なラーメン屋さんです。
それとランチタイムは、麺大盛りorライスが無料になるそうです。
開店と同時に店内に入り、食券機に向かい張り紙で当店イチ押し!まずはコレ!と書かれているので、台湾まぜそば追い飯つきを選択です。
食券を渡すと『麺大盛り無料ですが・・』と若い店員さん(多分バイト)が云うので『じゃ~大盛で!』
続いて『ニンニクどうしますか?』と聞いてきたので、『お願いします!』
暫くして出て来て、OH!超久しぶりだぜ!台湾まぜそば!小田原と藤沢で食べたのが5年ほど前・・

韮タップリ、節粉、刻み海苔、長葱、ニンニクで中央に挽肉を座布団にした卵黄です。
麺が全く見えません!正しく定番の姿!早速箸で、掻き混ぜること数分間・・・よーく掻き混ぜないと麺の底にタレがあるのでね!

太麺でボリュームがありますね!(大盛だから)
生韮が旨そうだぜ!麺を完食し、残った具材へ追い飯を依頼

台湾まぜそばでは、具を残して御飯を後入れし再び具と和えて頂くのが、定番なのです。
再び掻き混ぜて〆の、混ぜ飯完成です。

これが本日の最後の姿・・・
偶に酢をチョイかけして頂きました!
久しぶりの台湾まぜそばを、追い飯つきで780円で頂けました。
何時も食べたいとは思いませんが、偶に食べたくなる混ぜそばの1杯です。
次回は、台湾ラーメンを激辛で食べてみたいです。

2020年4月14日火曜日

彼岸の連休ランチは大勝軒7年ぶり訪問

2020年お彼岸の三連休は、好天に恵まれ20℃超えと春~
MÉRIDAを駆って、市内地廻りです。
ランチ何食べようかナァ~と・・・走り回り、思いつきで2013年8月17日以来の相模大勝軒へ

やって!来ました大勝軒~
営業して居るゾ!真っ赤なMÉRIDAを駐輪して店内へ

それ程広く無い店内は、4人テーブル×2と2人テーブル×1に壁向きカウンター席5席ほど・・・
12時30分頃、2名テーブル席へ着席
早速メニュー拝見

中華麺=ラーメンですね!
後は、雲呑麺とチャーシュー麺にチューシューワンタン麺の4種のみ。
実にシンプルで2013年当時と変わらずでしょう。
2013年時のチャーシューワンタンメンがこちら

大勝軒とは、店名としては実に多い店名で、特に中華ソバとしては永福町の大勝軒が<超有名>
それと東池袋系大勝軒と云うのが有って、こちらはつけ麺で超有名です。
但し、両社には繋がりは全く有りません。

永福町系大勝軒は、中細縮れ麺で1杯に2玉入る大盛タイプ
スープの表層を透明な脂が被っていて、出汁は魚介出汁と鶏ガラ出汁を合わせたスープです。洗面器の様な大きな丼で・・・笑
メンマとナルト!それに葱が、中華ソバの定番具材です。
今では、伝説の中華ソバです。(井の頭線永福町駅下車で、駅ソバの交差点脇です。

小生も2000年から食べ歩きを初め、デジカメも4代目となり2011年にPCを入れ替えたタイミングで写真を永続保管していましたので、当時の写真がありお見せできました。
さて今日のランチは・・・チャーシュー麺950円税込みです。
待つ事しばし・・・出て来ました!

こちらです!
・・・ちょ・ちょっと待った!!永福町系大勝軒とはスープの鮮明度が大分違う・・
メンマとナルトに葱だけは同じ・・・
早速スープを飲んでみると・・OH!魚介出汁~と主張するスープ
但し削り節の粉末独特のザラザラした感じがします。
たぶんスープに粉末状魚介を、使用しているのでしょう。(丼の中に粉末状魚介入れ)
永福町大勝軒は、スープ自体を魚介で出汁を取ったスープと鶏ガラ出汁スープを合わせているので、このようなザラザラした感じはしません。

チャーシューは小さいのが10枚入っています。
永福町大勝軒より少し小さいか・・・もう少し大きい方が950円という値段に相応しいかと思う。

麺は、まぁ~中華ソバでよく使われる中細麺タイプ。
確かに、永福町大勝軒をリスペクトしている様には感じられますが、魚介出汁の取り方というか使い方が、全く違う。
似て非なる大勝軒です。
まぁ~そもそもが永福町系大勝軒とは関係は無いようだし、旧店名が<はなれんげ>というらしいです。
つまりインスパイア中華ソバです。
私としては、2013年の訪れた時よりスープに雑味があってイマイチであった。
2013年時の方が、まだ永福町に近かったのに・・・

2020年4月13日月曜日

令和二年三月一日 小春日和のコロナパニック

日曜日は気温が上がり、暖かくなったのでチャリ男で市内巡り・・・

安倍首相の小中高1ヶ月の閉校要請~とかで、国民は半ばパニック状態・・
トイレットペーパーデマで踊らされ、売り場は空っぽ!
それだけでは無く、インスタント食品(カップ麺・袋麺)は飛ぶように売れ、冷凍食品やレトルト食品も・・・日持ちのするが売れて品薄です。
しかしスペイン風邪の時も、そうだったのかなぁ~
飲食店も客が外に出てこないから・・・大変だろうね。
今日は、チャリ男で走って結局相模原市中央区の【麺でる】へ11:40頃やって来ました。

チャリ男を電柱に縛り付け、立て看板を見ると【限定 味噌】と書いて有るじゃない!
で店内に入ると・・・客1人! え?ま、マジかよ!
こんな良い天気の日に、客1人かよ?

マジ、コロナパニックの影響か・・・これじゃ~外食産業はたまらないよなぁ~
食券機でラーメン小790円をポッチ!それと限定ボタン100円をポッチとな!
カウンターの奥に男性客1人だけ・・・それも大将の顔見知りのようです。
暫くして大将が『トッピングどうしますか?』

もちろん回答は『ニンニク・玉葱・野菜マシ』です。
で出て来たのが、こちらです!

てんこ盛りの野菜!ニンニクと玉葱はどこだ?!全然見えないゾ!
とりあえず野菜を何とかしないと麺が・・・上手に天地返しをしないとなぁ~
下にステンレス盆があるから、気をつけて作業を・・・

丼の縁沿いにスープの中へ野菜を押し込みつつ、中央辺りの底から麺を上へ
これが中々の作業なのよ!

これがその状態です。
ね!極太麺が出て来たでしょう?
少しずつ麺を食べ、野菜をスープの中へ押し込んで・・まるでマントル対流みたいだ・・
濃厚な豚骨味噌スープはトロミが感じられるほど・・・

豚は可愛いのが2個
野菜は茹で加減が浅く半生に近い・・・笑
後半、カイエンペッパーを入れて完食です。

やっぱり味噌より醤油味の方が良いかも・・・
12時に食べ終わった頃、お客さんが2人程やって来ましたが、これでは経営も苦しいだろうなぁ~
ラーメン屋で小春日和の日曜日12時で、客2人は・・・味が悪いわけでは無い。

2020年4月12日日曜日

寿がきや 赤から監修 カップ赤からきしめん 実食

今日はカップ麺実食シリーズ上 初の生麺!!
これをインスタント食品と云うのだろうか?いうのです!簡単にできるから~ 笑
赤からとは名古屋を拠点にする、セセリ鍋を提供する居酒屋チェーン店です。
東京圏にも20年弱前に進出して、小生は渋谷公園通りパルコ交差点下のお店がお初でした。
名古屋かぁ~と馴染みの薄い、名古屋飯を食べに行ったものです。
東京圏の人には、名古屋飯は<甘め>に感じたりするのです。
お寿司などの酢も甘めですよね!
お味噌は八丁味噌の赤黒いのをイメージします。
コンニャクに八丁味噌を付けて、たべる田楽も好きです。
そんな名古屋で代表的な麺=きしめん!
幅広の平べったいうどんですよ!(小生の良心は好きでは無い)
私は、ほうとうなどと同じ感覚で食べちゃいますけどね!
その<きしめん>ですが、今回赤からの鍋の〆として食べられている<きしめん>を再現しているとの事。

まぁ~甘めのセセリ鍋うどんだね!(セセリは入ってないだろうけど・・)
カップは、ズッシリと重め・・・生麺だから~そりゃ重いわね!
早速開封してみると、出てきました!
真空パックになっている、生きしめん!
それに小袋二つです。

小袋は、液体味噌スープでしょうね!
それと右のは、かやくですが大きめ~
作り方は、真空パック麺を開封して丼へ移し熱湯を注ぐようです。

つまり最初の熱湯は、固まっている麺を解すためだけで箸で解したら捨てる!
それから再度、熱湯を注いで、液体スープとかやくを投入します!

それから箸で全体に撹拌して完成です!
通常の油揚げ麺やノンフライ麺の様な乾燥麺なら、この様な手間は入らないのですが、あえて生麺にしたのは食感を大事にしたかったのでしょう。
しかし1度湯切りをするのは、災害時にはNGですね!
災害時は、飲み水は大事なのでカップ焼きそばとかは保存食料としては適切では無い!
今のノンフライ技術で有れば、ほぼ生麺感覚に戻す技術はあるだろうに・・・ヤマダイの凄麺などがいい例です。
それと最初のお湯は完全な熱湯をオススメします。
ポットのお湯などはお茶には良いけど、ぬるいのでダメ!
何故かというと、真空パック麺は保存温度が常温で量が多い!だからお湯を入れても油温が直ぐに下がる・・・

2度目のお湯を入れて、液体スープとかやくを投入!
かやくですが粉末の調味料らしき粒状物質も確認出来ました。
それを箸で、よーくかき混ぜて完成です。
お湯をラインより抑えめに入れたのですが・・・なんだか緩い感じがします。
肉そぼろ、油あげ、ニラ、細切りネギ、あげ玉が浮いてますね~
味付けは、牛脂とコチジャンに唐辛子を合わせたとか・・・
それではスープを一口・・・・甘いナァ~ 笑
八丁味噌の味わい・・・小生親戚が豊川に居たので懐かしく・・・
唐辛子の辛み等は、小生には全く感じられませんでした。
あの辛辛魚のカップ麺を作っているメーカーとは思えない・・・笑

麺は流石に生だけ有って、きしめんとしての重厚感はバッチリ!
やっぱり完全な熱湯が欲しかったなぁ~
肉そぼろが・・ポロポロと見て取れましたがセセリの代わりかな?
完食後の感想は、悪くないけど辛み添加剤が付属していて欲しかった。
それと熱湯でないとダメだ!と云う事で、美味しかったですよ!

昨日の記事

松のや わらかじかつ定食 実食

今日はと・ん・か・つ! 最近かつやと激戦を繰り広げる松のやです。 両社とも集客のため新作メニューを、繰り出すように打つべし!打つべし!!です。 今回は、松のやの【わらじかつ】です。 ロースカツを、柔らかく草鞋の様なサイズに仕立てたメニューです。 わらじ=草鞋とは、昔の日本...

閲覧が多い記事