2020年4月8日水曜日

久しぶりに雲呑麺を食べに訪問 広州市場五反田店

最近(3/16時点)は、気温の差が激しくて20℃位になったと思えば、2日後に7℃位にしかならないし雪まで降ってくる・・・そんな月曜日 ランチは何を食べようか?と、エロ山口とOfficeの外へ
そうだ!どうせ新型コロナの影響で、人出が少ない五反田だから広州市場にでも行こうか!?となりました。

広州市場五反田店は、ランチ砂漠地帯の東五反田で数少ない行列が出来る店です。
11:50頃到着したら、8人待ちほど~
普通なら8人か・・・別の処にするか?となりがちですが、今日は何だか回転率がいいようで、外待ち5~6分程で店内へ
1~2ヶ月ぶりなので・・・『濃厚海老雲呑麺と魯肉飯ね!』(税込1,012円)
エロ山口は『黒豚雲呑麺塩で、高菜飯!』(税込1,089円)
まず最初に、御飯モノが出てきました!

これが魯肉飯と云われているモノですが(実際は、魯肉飯は別ものですよ)、ようは御飯の上に辛子高菜漬を半分敷いて、薄いチャーシューを2枚のせてあります。

サイズ的には、日本の家庭に有るお茶碗サイズです。
エロ山口のは、チャーシューは無く全面 辛子高菜が敷き詰められています。
早速、食べ始めるエロ山口・・・学生じゃ無いんだからまったく・・・笑(年齢60歳超えてます)
遅れて雲呑麺が出てきました!
私の濃厚海老雲呑麺です。

魚介出汁がたっぷり(魚粉多めだね)の鶏ガラだしスープは、魚粉の影響でトロミさへ感じます。魚介ポタージュと云った感じですね!
麺は、そのポタージュに負けないために、太麺になっています。

細麺にすると、スープが強すぎてバランスが悪くなるのです。
スープを飲んでみると・・・おー口に魚粉粒子を感じる程、濃厚です。
麺もプリプリの弾力あるコシ強麺で、食べ応えがあります。
これが本日のサラメシ(サラリーマンランチ)です。

雲呑は、棒状の大きいのが3個ですね!
この雲呑は、揚げたら揚げ春巻きで、焼いたら棒餃子の如し・・・笑
雲呑の中を、辛うじて撮影成功!

プリプリの海老と筍の千切りと豚肉を、大きな雲呑の皮が包んでいます。
普通のお店で、こんなに大きな雲呑はまず出会えませんよ!
横浜中華街だって見たことが無い!
エロ山口の【黒豚雲呑麺】は・・・

へぇ~透明なスープに、黒豚肉の雲呑が6個ほどと茹で卵に青菜にメンマ
赤い糸状の物体は、糸唐辛子です。
これ旨そうだなぁ~
エロ山口が『塩味にして正解だよ!薄味で好みだ!』と。
確かに、こちらのお店は醤油より塩を勧める店だしね!
完食後の丼を見ると・・・

黒い丼に透明なスープが外光を反射して、表面を漂う油が見て取れます。
この油は、黒豚雲呑から染み出たそうです。
・・・これは旨そうだ!
雲呑も肉団子のようなサイズで、コロコロしている大型サイズ!
この日、外国人青年9人ほどが来店してました。
日本で働いている人たちのようです。
そんな外国人も食べにくる、広州市場五反田店です。
ご馳走さまでした~

0 件のコメント:

コメントを投稿

昨日の記事

外出自粛の晩飯と翌朝食は・・・麻婆豆腐と麻婆飯にとんかつ定食とカツ丼

在宅勤務が続く中、高齢者の親を持つ身は食事作りの毎日です。 高齢者だから<量>は食べないけど、同じモノは飽きられるでしょう・・・だから毛色を変える事も大事です。 何しろ<美味しく>食べてもらわなければイケないしね! そこで今日は、丸美屋の麻婆豆腐辛口を利用した<彩りパプリカ...

閲覧が多い記事