2020年2月15日土曜日

寿がきや カップ赤からラーメン赤3番 実食

今日のは名古屋の寿がきや食品さんが、居酒屋チェーン店 赤からとコラボしたカップラーメンです。
ラーメンの他、うどんも有るようですね!
赤からと云えば、最初に渋谷のパルコ交差点下に出店したお店が古い記憶にあります。
もう20数年前でしょうか・・・セセリ焼きとかが耳に残っています。
お店は、飛騨の高山という居酒屋さんの閉店後に出店してね!

今回は、そんな赤からの鍋スープを模した〆のラーメンorうどんなのでしょうか?笑
辛さは10段階あって、下から3番目のようです。
早速開封してみると・・・

小袋2つです。
かやくと液体スープですね!
かやくは開けてカップへと書かれているので投入!

・・・何だ?丸い物体が幾つもコロコロと出てきて、粉末と韮らしき緑の物体も・・・
まぁ~お湯を入れて3分待つのだゾ!大五郎!! ちゃん!!!

3分後の姿です。
丸い物体は・・・揚げ玉かい?そうみたいですねぇ~
続いて液体スープを入れて、箸で撹拌です。

完成~!だけど辛く見えないなぁ~
早速、スープを飲んでみると・・・・辛くない!それよりもどことなく甘さを感じます。
そう・・これ揚げ玉による作用じゃ無いかなぁ~
野菜だけの甘みで、これだけ口の中に残るとは思えないし・・・揚げ玉でマイルド化されてるのか・・・
麺は、とりとめと語るほどの物でも無いので、スープだけですね!
具材は、揚げ玉のおかげで多く見られますね(笑)
赤から鍋を食べたことが無いので、云々云えませんがキムチ鍋的に考えると、寿がきやさんなら最低でも辛さ5以上にして欲しかったなぁ~

2020年2月14日金曜日

伊勢原の有名店 とんかつ麻釉 でサラメシ

今日は伊勢原では知る人は居ないであろう!トンカツ屋さんです。
前回メンチカツ定食を食べに来ましたが大きいのが3個あって・・・笑
今回ランチメニューと標準メニューの違いがあるか?聞いてみました。

『ねぇ~ねぇ~ランチのロースカツ定食と普通のロースカツ定食ってどう違うの?』
店員さん『同じです!ランチだからサービス価格なだけです』と回答・・・え?
普通、厚さやグラムが違うけど・・・そうなんだ!だったらランチに訪れた方が、お得じゃない!!!

麻釉さんは御飯の盛が、普通で1合あるからロースかつ定食だけだと、御飯が残ってしまうかも?と考え、単品で・・・メンチかつ!だね!と追加注文しました。
一緒に盛り付けられれば、五反田のとんかつやと同じだね!
暫くして店員さんが持って来るのを見て・・・え?

こちらです。
べ・別皿でメンチが盛られています。
それにロースカツもそれなりに有るじゃないさぁ~笑
でも御飯が、これだけ有るのですよ!

これ多分計りで見ながら、杓文字で御飯を平らにしているのか・・・笑
普通の店なら、間違いなく大盛ご飯だね!
メニューに大盛ご飯は1.5合と書かれ、特盛は2合だとか・・・驚
お味噌汁は、塩分濃いめの白味噌!
さて早速、ロースかつから頂きましょう。

厚さも悪くないでしょう?松のやのトンカツの1.7倍ぐらい厚いゾ!
粗挽きのパン粉でザックリ感がある!
これが880円税込み?お得じゃない?
それと追加のメンチカツ!

別盛でしっかり、キャベツを敷いています。
キャベツお替わり分を事前に頂いている感じ・・・笑

やっぱり当初思った通り、御飯の量が多くてメンチがあって助かりましたし、お腹一杯です!
キャベツも全て頂き、大満足のサラメシです。
隣に座られてカップルは、御飯少なめを事前に伝えてました。
そうか、そんな手があるのか・・・でも少なめで頼んで後悔したら嫌だし・・・笑
1,070円と比較的リーズナブルなお値段です。
次回、アジフライを試して見たいですねぇ~
御馳走様でした~
※駐車場が直ぐにイッパイになますので、11:30前に来店がオススメです。

2020年2月13日木曜日

居酒屋の磯丸水産のランチは海鮮タップリ!サラメシです。

東京・神奈川・千葉・埼玉以外の方は、ご存じでは無いでしょうが(名古屋栄と神戸三宮にはある)漁港の市場食的な居酒屋チェーン店です。
ランチもしっかりと海産系のメニューを取りそろえています。
まぁ~海鮮丼系シリーズは多岐にわたり・・・でも定食メニューも4種類用意されておりリ、これが結構コスパは良いのです!

コスパと云うと安い・・例えば800円弱程度と思いがちですが、出される料理に対する値付けがお安い!ということです。
税込みにすると1,000円を超えるランチメニューも2品あります。
私は。もっぱら魚が食べたい時に訪れます。
今回は二度目の刺身定食です。
991円+税で、ランチ時では一番高いメニューになりますが、小生としては内容から文句なしイチ押し!です。
同行のエロ山口氏は、珍しく海鮮丼系~を選択!

こちらがマグロトロロ丼680円+大盛ご飯100円+とろろこんぶうどん180円です。
海鮮丼系は、ご飯大盛は有料となっております。
とろろこんぶうどん・・・

うどんはアッサリとした関西風の出し汁です。
これで960円+税だから・・・
で小生の刺身盛り合わせ御膳!

4種の刺身は厚いですねぇ~
それに何故だかコロッケ! これが案外助かる1品!
それにマヨサラダ!
御飯は、小丼御飯で大盛無料です。
それにデザート(緑の小器ね)とお新香に、とろろこんぶうどんです。
これだけお盆に乗っているから1,200円位取られてもおかしくないと思う。
刺身定食って、サッパリしているから最後の方で、何か重いモノが欲しくなる感は否めないのですが、そんな時にコロッケが一役買ってくれるのです。

刺身は、海鮮居酒屋だけ有って悪く無いですねぇ~
これらと共に、うどんを頂くのですが先にうどんの大半を食べてしまい、メインに臨みます。
そうでないと温うどんが冷めたうどんになってしまうしね!
一般的には、1,000円超え~高いヨ!と云われてしまうサラメシですが、小生は安くても満足出来ないランチは嫌だ!派なので・・・
近くに磯丸水産があれば、1度はお試し下さい。

2020年2月12日水曜日

令和二年 二郎系食べ始めはタローだな!

先日、麻辣雲呑麺は食べているが二郎系は食べていない!
そう二郎系は、ラーメンとは云わないのです!
二郎という食べ物なのです!!笑

麺は極太、脂多め、醤油濃いめで追加オプション有り!
五反田にも、ラーメン大とかあるけどやっぱり二郎系の食べ初めは、タローだなぁ~
だって太郎だし・・・(兄)笑
この日は、午前中は雨で~と云われているが怪しい!だから傘持って、大崎広小路までやって来ました!
スライド扉を開けて店内に入ったら、一気にメガネが真っ白になってしまい、食券機が見えなくなってしまった・・・そりゃ~暖かく水蒸気たっぷりの店内だしね!
メガネを拭いて、1,000円入れてえ~と小豚850円を購入です。
一端出口近くの給水器隣に腰掛けましたが、まぁ~湯気がメガネに・・・こりゃ~たまらん!!
そこで一番奥の給水器側が空いていたので移動!
メガネが無くっちゃ何も見えない!!(写真が撮れないよ!)
こちらタローは、二郎に比べ麺量が少ない!多分だが180g程度だと思います。
二郎直系は、300gはあるから・・・食いきれん!
厨房から『はい出来ました!』と顔を向けられたので・・・
『野菜・削り節』と一声!出てきました。

はい、今日の一杯です。
麺が少ない分、野菜マシにしても問題なし!
それと魚粉の削り節が入っているので、Mildな味わいになります。

二郎系は、この状態で食べ始めずに野菜と麺を天地返ししないといけません!
麺がスープを吸ってしまうので、野菜をスープに回す事で防げます。
それと豚を出来れば、スープの中に沈めること!

通常豚は、冷めた状態なので固い!それをスープに浸すことで、熱が通り柔らかくなるのです。
でふと気づいたのが『あれ?豚の量少なくなってないか?それに以前は、分厚く切っていたが今は薄いぞ!』(心の声)
参考までに、2019年での小豚の写真はこちらです。

どうでしょう?
違うでしょう!これ薄く切ることで、ビミョーに量を減らせる技が使えるからじゃないの?笑
まぁ~諸物価高騰により、原価低減か・・・ラーメン屋のチャーシュウに影響が出ているのは、少し悲しい!
ブラックペパーを振り掛け、一生懸命頂きました。

完食したら、丼に豚さんが現れましたよ!笑
ご馳走さま~と店から出ると、小雨が降り出し結局白雉神社まで雨に降られました。
嘘つきーーー!午後は晴れると云うたやないけーー!!ボケ!と、誰に云う事も出来ず本日のランチは終了しました。

2020年2月11日火曜日

東五反田の新店 アジアン食堂 五香粉 初訪問

今日は久しぶりに新店訪問です。
令和二年、どっかねぇーかなぁーと思いつつググっていたら・・・あるじゃない?!
それもオフィスの近く・・・灯台もと暗しとは、このことか・・・
それも台湾系の料理みたいです。
そうなればエロ山口&賢者の2人を伴い行ってみよう!

でやって来ました!
以前ローストビーフ丼を出していたお店の住所ですね!
どうもこの場所、店舗の定着が悪いらしい・・・ローストビーフ丼の店から、数えて数店変わっているとか・・・
まぁ~ソニー通りの裏にあたるから、人通りは少ないわねぇ~
でも飲食店って、受け入れられる何かを持っていれば、路地裏でも客は来る!
それが有るか無いか?なんだよねぇ~
店内に入ると、イギリス風バーって感じです。
テーブル席に座り、メニュー拝見

五香粉=ごこうふん 中華で香りや風味つけに使われる香辛料ですね!
当家に常備されております。
その五香粉を使った鶏唐らしい・・・のと、魯肉飯(豚肉煮飯)が中心らしいです。
各々750円税込みで、同時に両方を味わってしまおう!という、両方盛が920円税込み!
今回は、両方盛のを御飯大盛で!お願いしました。
賢者は、並盛御飯です。
暫くして最初にハーフの鶏唐・・・

片栗粉を纏って揚げられた薄平べったい肉が・・・チョロッとお皿に乗っており、スイートチリソースが添えられています。
その後に続いて、丼御飯が出てきました!

ほーこれがこの店で云う魯肉飯なのね!
お店によって様々な形態をしている魯肉飯です。
まぁ~豚の角煮乗せ御飯だね!
並盛と大盛は、丼のサイズが違いたっぷりライスが盛られ、おかかのようなのが敷かれた上に、豚の角煮がチョロッと・・・・少ねえぞ!!

これで本日のランチが完成です。
御飯は炊きたてで、熱々!少し柔らかいかなぁ~
エロ山口は、これ位が自分にはいい!と。
しかし熱々すぎて、口の中に入れてもハグハグしちゃいます。
初めての訪問感想ですが、正直物足りなさを否めません。
これではお客は・・・・偶然引っかかった程度?
難しいかなぁ~半年持つか?てな乾感想です。

2020年2月10日月曜日

三多摩地区のソウルフード!山田うどん!

ここ数年、讃岐饂飩勢の侵攻が激しい東京・神奈川・埼玉
でも三多摩地区には、以前から【山田うどん】という老舗が存在するのです。
埼玉県南部をベースに、学校給食などに麺を納めていたらしいですね!
はなまるや丸亀など、讃岐勢が来る前はロードサイドのうどんと云えば、山田うどんでした。

その山田うどんも最近、イメージチェンジをしているようで、ファミリー食堂 山田うどん食堂と看板を変えています。
確かに丸亀とまともにぶつかっても、体力を消耗するだけで良いことは無い!
だから店舗条件も明らかに丸亀とは違います。
まずは広大な駐車場です。
丸亀だって広いよ!と云われるでしょうが、違うのです!
そう大型トラックが駐車出来るスペースが肝心なのです。
だから面している道路も広めの道なのです。
つまりターゲット層が明らかに丸亀とは違う!
提供するメニューもうどんに限らず、定食系や丼飯系にラーメンもあります。
つまりファミレス系に振っているのです。
店内に入ると中央にカウンター席を用意して、その周りをテーブル席が被っている感じですネ。

11:30店内に入りカウンターへ
まだまだ空席はありますが、11:50になるとドーッと客が訪れてスタッフは戦闘開始です。
さて何を食べるか?
1年以上ぶりだから・・・メニューをかなり代わってる。
ガテン系の労働者が満足出来るボリュームがいいのも、山田の売りです。
最初カツ丼うどんセットにしようかと思いましたが、目に入ったのがタンメン!
タンメンか~ヘルシーだねぇ~
これにミニ玉丼つけて850円・・・これにしよう!

土日限定のB級グルメセット!だと!
注文後に気づきました、だってテーブルに下敷きみたいに敷いているから・・・(隣)
ダブル体様セット・・・気になる!
まもなく出て来ました!

これが今日のサラメシです!
お節料理の重箱の蓋のようなお盆に乗っています。
野菜・・・多いですネェ~
葉物野菜が高騰している昨今、これは嬉しいです。

もやし・キャベツ・人参・玉葱・キクラゲ・豚肉と。野菜炒めがドサッと乗った感じです。
この野菜と共に、玉丼を頂きます。

玉丼といっても、天かすも一緒に綴じられているのです。
ただこれだけだと、非常に寂しい丼なので豚肉や野菜と一緒に食べるとGood!
タンメンは、控えめの味わいでThe野菜炒めラーメンだぞ!と。
麺は、マルちゃんなどの3玉/袋の生ラーメン的な味わいなので、特筆は無しです。
でも前述した、野菜が高騰しているのに量の多さは好印象です。
山田うどんは、昔のドライブン的なお店です。
ドライブインを知らない人が多いだろうなぁ~昔、ファミレスやコンビニが出来る前、車を運転していて食事と茶を頂ける休息所的役割の食堂でした。
しかしやっぱり客層は、ガテン系の人が多いや~

2020年2月9日日曜日

エースコック 一度は食べたい名店の味PREMIUM【四つ葉 地鶏だし醤油ラーメン】実食

今日は様々なメーカーが実際の有名店舗とのコラボで製品化しているカップ麺です。
埼玉県の中華そば四つ葉さんのラーメンです。
国産地鶏の旨味と醤油のコク深いスープが売りで、鶏油もふんだんに使用されているとか・・・

今まで日清やヤマダイなどの、麺もアジも一級のご当地麺シリーズを食べている小生、エースコックは余り記憶がありません(というか記憶に残らないほど希薄なイメージ)
カロリーは、332kcalです!
これは有り難いですね!
昨今の健康ブームに反して500kcalを超えるようなカップ麺では・・・笑
早速開封してみると、小袋2つ

かやくと液体スープです。
味にこだわるカップ麺は、ほぼ液体スープです。
液体スープはお湯を注いだ後に、蓋の上で温めておくのでカヤクだけ先にカップの中へ

お!丸い玉が幾つも・・・何だろう?
今まで見たこと無いねぇ~
ではお湯を投入~
4分待つのだゾ!大五郎!!ちゃん!!!

蓋を開けると・・・白っぽい丸い玉が・・・
これ鶏肉と豆腐のミックス団子らしいです。
それにチャーシュウ1枚と葱ですね!
では液体スープを投入し、箸で麺を解しながら撹拌します。

完成です!
何だか随分と濃い色した醤油スープですねぇ~
濃い口醤油でも使っているのかな?
まずはスープを一口・・・・?・・・・・何だか口にエグさを残す感じなんですけど・・・
エグさと云うか雑味というか・・・・私だけかなぁ~
使用している醤油でしょうか?

麺は、流石に凄麺には遠く及ばず~の感は否めませんが、まぁ~悪くないです。
完食後の全体的な感想は、食べた感は若干モノ足らず・・・
味わいは、粉末スープの醤油ラーメンよりは全然良いですが・・・イマイチ追い込み不足?
希望小売価格が270円?だとすれば、★★2かな・・・

昨日の記事

埼玉県ときがわ町 大盛の食堂 アライ 回顧

食べ歩きを20年程やっていると良いお店は勿論、悪いお店にも偶に出くわします。 しかし悪いお店にしても生活が掛かっているので、記事にするのはなるべく差し控えるのもグルメブログのマナーかな・・・笑(誹謗中傷に抵触) 今回、埼玉県ときがわ町で出くわした食堂 アライさん(良い方ね)を...

閲覧が多い記事