2020年2月10日月曜日

三多摩地区のソウルフード!山田うどん!

ここ数年、讃岐饂飩勢の侵攻が激しい東京・神奈川・埼玉
でも三多摩地区には、以前から【山田うどん】という老舗が存在するのです。
埼玉県南部をベースに、学校給食などに麺を納めていたらしいですね!
はなまるや丸亀など、讃岐勢が来る前はロードサイドのうどんと云えば、山田うどんでした。

その山田うどんも最近、イメージチェンジをしているようで、ファミリー食堂 山田うどん食堂と看板を変えています。
確かに丸亀とまともにぶつかっても、体力を消耗するだけで良いことは無い!
だから店舗条件も明らかに丸亀とは違います。
まずは広大な駐車場です。
丸亀だって広いよ!と云われるでしょうが、違うのです!
そう大型トラックが駐車出来るスペースが肝心なのです。
だから面している道路も広めの道なのです。
つまりターゲット層が明らかに丸亀とは違う!
提供するメニューもうどんに限らず、定食系や丼飯系にラーメンもあります。
つまりファミレス系に振っているのです。
店内に入ると中央にカウンター席を用意して、その周りをテーブル席が被っている感じですネ。

11:30店内に入りカウンターへ
まだまだ空席はありますが、11:50になるとドーッと客が訪れてスタッフは戦闘開始です。
さて何を食べるか?
1年以上ぶりだから・・・メニューをかなり代わってる。
ガテン系の労働者が満足出来るボリュームがいいのも、山田の売りです。
最初カツ丼うどんセットにしようかと思いましたが、目に入ったのがタンメン!
タンメンか~ヘルシーだねぇ~
これにミニ玉丼つけて850円・・・これにしよう!

土日限定のB級グルメセット!だと!
注文後に気づきました、だってテーブルに下敷きみたいに敷いているから・・・(隣)
ダブル体様セット・・・気になる!
まもなく出て来ました!

これが今日のサラメシです!
お節料理の重箱の蓋のようなお盆に乗っています。
野菜・・・多いですネェ~
葉物野菜が高騰している昨今、これは嬉しいです。

もやし・キャベツ・人参・玉葱・キクラゲ・豚肉と。野菜炒めがドサッと乗った感じです。
この野菜と共に、玉丼を頂きます。

玉丼といっても、天かすも一緒に綴じられているのです。
ただこれだけだと、非常に寂しい丼なので豚肉や野菜と一緒に食べるとGood!
タンメンは、控えめの味わいでThe野菜炒めラーメンだぞ!と。
麺は、マルちゃんなどの3玉/袋の生ラーメン的な味わいなので、特筆は無しです。
でも前述した、野菜が高騰しているのに量の多さは好印象です。
山田うどんは、昔のドライブン的なお店です。
ドライブインを知らない人が多いだろうなぁ~昔、ファミレスやコンビニが出来る前、車を運転していて食事と茶を頂ける休息所的役割の食堂でした。
しかしやっぱり客層は、ガテン系の人が多いや~

0 件のコメント:

コメントを投稿

昨日の記事

ガツンと旨い!!黒からラーメン(袋麺)実食

今日はドン・キホーテやユニーでの専売(?)袋麺が、寿がきやから発売されました。 商品は、名古屋の赤から(せせり鍋で有名)派生した、姉妹店 黒からの定番メニュー【黒から鍋】の締めラーメンをイメージしたラーメンらしいです。 販売も限られたルートのみと云うのは、ドンキと寿がきやがプ...

閲覧が多い記事