2019年7月20日土曜日

エースコック 夏の辛口スーパーカップ1.5倍 辛タンメン超やみつきごまラー油仕上げ 実食

梅雨に突入し、蒸し蒸しするイヤ~な気分でお過ごしの方の、何と多い季節か・・
そんな折りエースコックより夏向けのピリ辛タンメンの発売です。
夏と云えば何かと<辛い>が出て来ますよね!
夏の暑さは、辛いの食べて体の内から燃え上がり、気温を低く感じよう!と云う事ね!

カロリーは481kcal!! 総量107gとしては抑えていますね!
まぁ~でもほぼ500kcalだから高めといっても過言では無いか・・・
タンメンと云えば、野菜タップリあっさり塩ラーメンですよね!
そこに辣油を加えたわけですね!

内袋は3つで、かやく・粉末スープ・調味油となっています。
辣油と云えば、日清の出前一丁を思い出す小生!!
バンコク市内を走るバスの横っ腹にも、あの坊やが・・・

上の写真は10年程前に行ったときの写真です。
あ!脱線してしまった!!
で辣油でも、香ばしさが強いタイプとそうでないのがあるけど・・・
かやくと粉末スープを入れて、お湯を投入!
3分待つのだぞ!大五郎!!  ちゃん!!

この様になりました。
上の写真は、辣油を入れた直後です。
箸で、よーく掻き混ぜてスープを1口・・・お~香ばしい辣油の香りと味わい
野菜は・・・タンメン・・・無言

麺は、スーパーカップ特有の太麺で・・・やっぱ油揚げ麺の安っぽさが出てしまうなぁ~
スープですが、メーカーパッケージの写真は、もの凄く誇張していますね!笑
こんなんじゃないからねぇ~(皆しってるか・・・)
しかし余りに誇張しすぎると・・・誇大広告になりかねないね!

2019年7月19日金曜日

ご当地麺 岐阜タンメン その実態は・・・寿がきや

今日はメガドンキで偶然見つけた、寿がきや食品のカップ麺【岐阜タンメン】なるラーメンを確認してみます。

レトルト版では、豚ガラスープにニンニクのコク
岐阜県、愛知県を中心に店舗展開をしている『岐阜タンメン』監修の商品です。
低加水の細めんとニンニクのきいた豚ガラスープに、炒めた豚肉と白菜をあわせた塩ラーメンスープが特徴の「岐阜タンメン」を、カップめんでお手軽に楽しんでいただけます。
秘密のケンミンショーに出たことあるか?
名古屋より上の方、岐阜県のご当地麺・・・

コラボ麺のようですが、まったく知らない神奈川ケンミンの一人です。
カロリーは367kal!! とまぁ普通ですね!
寿がきやからは、インスタントの袋麺、レトルトタイプ、鍋つゆに果ては炒め物素まで販売しています。(目印は黄色)
凄い力の入れようですねぇ~笑
早速開封してみると・・・

小袋3つ、かやく・液体スープ・辛みあん・・?
なんだ辛みあん?

へぇ~辣油らしき液状物質につぶつぶ他が・・・
これが肝なのね!
かやくを開封して、お湯を入れましょう!
4分待つのだぞ!大五郎!! ちゃん!!!

4分後の姿は、至ってシンプルな・・・
そこへ液体スープを入れてかき混ぜるとこのような状態へ

そこへ辛みあんを追加投入!!

こんな状態で、箸で全体へ浸透させて出来上がりです。

フーンかやくは白菜のようです。
これだと正直、むちゃくちゃ寂しいタンメン・・自宅ならモヤシとかキャベツの乱切りとか追加してお湯を入れるなぁ~
そうすればタンメンらしく見えるでしょう。
スープを飲んでみると・・・結構味濃いめだねぇ~

それに口内に脂が纏わり付くような感じ・・・
それにニンニクも結構香ります(やべー)
麺は、ごく普通のノンフライ麺。
悪くはないけど、やっぱり野菜の具が欲しいねぇ~
それと完食後に、強炭酸水を飲んでしまった・・・やっぱり脂が強めだねぇ~
まぁ~岐阜タンメンなるモノが、脂強めなら別に良いんですけどね!
本物を食べたくなりました。

2019年7月18日木曜日

相模原市南区 スパゲティのパンチョ相模原店開店!

2019/6/25 国道16号鵜の森付近に、スパゲティ専門店が開店しました。
旧鈴木ラーメン店の後です。
よってこの辺りは、丸亀製麺・パンチョ・豚骨ラーメン店・家系豚骨味噌ラーメン店と約300m以内に麺屋が並んでいます。

自宅から自転車でやってくると、開店祝いの生花が飾られています。
OPEN時ならではの光景ですね!
早速店内へ(鈴木ラーメン店の時は入らずじまい)

L字型の店内でカウンター席やテーブル席が用意されています。
ほぼ12時に来たので、満席状態~
カウンター席に着くと、手慣れた女性が説明してくれます。

こちらタッチパネル方式で(カッパ寿司と同じだ)、順番に選択していくと最後に【注文】をポッチとな!

ナポリタン・ミートソース・白・定食系と大まかに分かれています。
やっぱり初めて来たのだから、ナポリタンだよねぇ~
でオムナポにしよう!(オムレツの卵がナポリタンを被っています)
量は・・小200g?少ないか~ 並300g 大400g?
400gは多いだろう?!300gの並盛でいいや!
ポッチとな!
お水はセルフです。
で気になったのが、店員さんのオペレーションです。
開店仕立てのお店って、兎に角店員さんが馴れてないのでバタバタ・・してますが、気のせいか手慣れた振る舞い・・
開店して4日の店では無い・・・他店からの応援部隊かな?(店外にアルバイト急募が出てたし)

目の前には、パルメザンチーズ・大きめのタバスコ類が置かれています。
チーズは、好きなだけぶっかけなさい!と云う事ね!
『はーいオムナポ並です!』と出て来ました。

おーー小山のような姿
卵が、火山の溶岩流のようです。

パルメザンチーズを掛けましょう!
すると雪を被った山のようです。
それでは頂きます!

麺の何と太いことか?
自宅で茹でる麺の倍はありそうな、極太麺
細めの稲庭うどん的な・・・笑
ソーセージも出て来ました。

それとタマネギ!
ナポリタンの定番の具ですね!
それにしても、まぁ~ケチャップがターップリと使われていることか!
黒の紙エプロンを頂けますが、このケチャップが丁度飛び跳ねて・・・助かった!
食べ進むうちケチャップの濃さに重さを感じるように・・・笑
こりゃ~400gを食べるのは、キツイなぁ~
ミートソースの方が食べやすいかなぁ~(次回は白バジリコかな)
精算時、こんなモノを頂きました!

ポテサラからハンバーグまで トッピング定期券だそうです。
これ220円位までのトッピングを、1品無料で頂けるようです。
それでは、白バジリコ+ハンバーグでも食べに来ましょうかねぇ~

2019年7月17日水曜日

五反田 冷やし中華(食べ)始めました~ 談

暑くなり始めましたねぇ~流石に30℃近くなると、熱々の汁麺より冷やし~を選択したくなる!
そんな日、打合せが伸びて【孤独のグルメ】になりました!!さぁ~そうなると自分の好き勝手な選択が出来るゾー!!(喜ばしい)
ブラブラ歩いて東五反田旧歓楽街へ
信号待ちで、目に入ったのが【談】の営業中だよ立て看板!
『つけ麺・・いいかもね!』とやってくると、カウンターにすんなり座れてしまった!
何にしようかなぁ~と・・・ん?
『このメニューは・・・』

火水木金のみ?
『ひ・冷やし中華ではないか?!』
2019年の冷やし中華はまだだった・・・こ、これだ!!
『すいません!冷やし中華御願いします!』
『麺量はどうしますか?』
『並盛で!』(300g)
『御飯と卵はどうしますか?』
『卵御願いね!』
オーダー入りま~す!
待ち時間の間、厨房での夫婦(?)喧嘩らしき男性から、しっかりやれよ!的クレーム文句が矢継ぎ早に飛び交う・・・女性は聞こえているけど、聞き流す神対応!
これは女性の対応が正しい!客前で言い争いはするものではない!
今回は旦那(?男性)が大人げない対応です。
客の方だって、目の前で言い争いを見ながら食べたって、美味しくないよね!
で出て来ました。

こちらです!
卵とマスタードは別盛です。
このマスタードが、辛かった!笑
鼻にツーンときて・・・

胡瓜・ハム・卵・豚肉・紅生姜・刻み海苔と白胡麻です。
海苔の下には、茹でキャベツとモヤシが隠れていました。
早速、箸で混ぜ混ぜして・・・

味は、酸味のある醤油し立てでアッサリしている、夏の風物詩~
麺量が300g位なので、ライスは無くってよかった~(食いきれなんだね)
結局、最後まで厨房では男性の虫の居所が収まりませんでした。
やれやれ・・・

2019年7月16日火曜日

五反田 酒場食堂のその後・・・

そう大鯵フライがメニューから消えて、酒場食堂から足が遠のいた・・・2ヶ月ぶりくらいか・・・
今日は、麺類以外がいいなぁ~と考えながら来てしまったビル・・・
先輩とメニュー減っちゃったね!と立て看板を見て、肉野菜炒めでも食べる?
で久しぶりに店内へ

2019/6時点のランチメニューです。
鯵フライが無いメニューだ・・・どことなく虚無感が・・・
そうだなぁ~肉野菜炒めでも食べるか・・・
800円をその場で払い注文
納豆が、テーブル常備では無く部屋の角にある、御飯ジャーの側に据え置かれています。
お替わりはセルフサービスで人件費削減!
暫くして出て来ました・・・

これです!
ワォ!何とも盛の良い野菜炒め!(原価安いからね)
人参・モヤシ・キャベツ・韮少々・・・?
何か見えるのは肉かい?

肉の塊が出て来ました!
そうか肉野菜炒めだっただよね?!
納豆とこの肉野菜炒めで、御飯2杯を頂きました。
先輩と『大鯵フライが恋しいねぇ~』と、御飯を頂きました。

2019年7月15日月曜日

東五反田 居酒屋いもたろう 初訪問

五反田に移転してきて3年!いままで『東五反田ってお弁当を売ってる店多いナァ~ ここもそうか~』と思って、何時も通り過ぎていた店です。
お店の入口で弁当を置いて販売していれば、居酒屋さんの昼の小遣い銭稼ぎ~と思っちゃいますよね!笑

朝、流石にランチ食いに行くネタ(店)が枯渇してきたよ・・・とネットで検索して、いもたろう・・?と出てきてやって来たら弁当屋・・笑
連れと三人で早速店内へ

へぇ~ちゃーんとランチ営業してるのねぇ~と3人でメニューをしげしげ拝見!
私と先輩はオススメランチ、大盛と並盛
もう一人がしらす○○を決め御飯を注文。
テーブルには、何故だか高菜が・・・

先輩は、この高菜大好きで他は要らず、御飯を食える!といってます。
そんなビンボークセーこと云ってるんじゃねぇ~よ!笑
暫くして出てきました。
先輩は、並盛御飯なのですが実施の盛りをみて大盛にすれば良かった・・・と。
だから最初に云ったじゃねぇ~か!(まったく!)

今日のオススメは、チキン南蛮と生姜焼きです。
まず、この御飯が炊き具合が、いい塩梅なのです。
お米を炊くのが上手い店は、料理も旨い!
高菜を、御飯の上にまぶして頂きま~す!

300gの御飯がすすむよ!何処までも~ 笑​
するとお隣テーブルで、カレーが出てきたじゃないの?何アレ?
メニューを見ると、カレーをサービスで出してくれるの?

『はい、持って来ますねぇ~』と行ってしまった・・・
おいおいお願いって云う前に・・・笑
もちろんカレーも頂き、テーブルの無料高菜も頂き満足の850円です。
先輩は、しつこくちびちび高菜を皿からとって食べています。

『しみったれてねぇーで全部食べちゃいなよ!』と投げかけると、『いや、次の人の為に遠慮して・・』と良いながら、あと一口程度しか皿に残ってねぇーし!
まったく猫みたいな食い方なんだから~とワイワイ言いながらランチ終了です。
又参ります。

2019年7月14日日曜日

ニュータッチ凄麺  新潟背脂醤油ラーメン実食

今日は、ニュータッチ凄麺シリーズのレポです!
ニュータッチ凄麺を今まで7品程食べてきました。
それは凄麺の食感に感動したのが原因・・・まるで生麺感覚(何処かのメーカーが既に使用しているフレーズだが)
希望小売価格220円のカップ麺としては、高級価格帯に位置する製品(だと思うけど)

凄麺シリーズは、その麺の製法を武器に各地の、ご当地ラーメンをリリース
スープ類も、粉末スープではなく液体スープにこだわり味を追求しているシリーズです。
今回の新潟・・
燕三条系・・・私も食べ歩きで1軒だけ、燕三条らーめんを提供するお店に入ったことがあります。
その時食べたのが、こちらのらーめん!!

濃いめの醤油(色)で刻みタマネギと背脂(刻みタマネギと見間違う)が特徴的で、出汁は煮干しの和風なラーメンです。
この時は、最初ほー背脂チャッチャ系か?(二郎などのガツン系)と思ってしまったのですが、いたって大人しめな煮干し系ラーメンで良い意味で、拍子抜けしたことを覚えています。
さてそんな燕三条系らーめんを、どんな風に再現しているのか?

開封すると、小袋3つ
かやく(チャーシュウだけ)、かやく2、液体スープの3品です。
今回、チャーシュウとその他に分けられた、かやくの意図は?
みるとかやくは先に開封して麺の上にいれて、お湯を注げと書かれているし・・
で実際に入れて見ると・・・

ん?大きなかやく袋からは、葱は確認出来ます。
その他、白っぽい固形物が・・・刻みタマネギ??
とりあえずお湯を入れてみないと始まらない!
5分待つのだぞ!大五郎!! ちゃん!!!

今回、太麺なので5分なのでしょう。
さぁ~上蓋を取ってみましょう!!
こーんな状態です。
ん?・・・葱は判る!で、やっぱり刻みタマネギか・・・
それと・・あ!これ背脂ね!!
てっきり背脂は、液体スープの方に入っているとばかり思っていました。
続いて液体スープを投入!!

ハイ!完成です。
どうでしょう?上のお店の燕三条系らーめんと、このカップ麺は・・・
見た目は、なんとなく良い感じに仕上がっていると思うけど・・・
で味は・・・

スープを飲んでみると・・・!いけるじゃん!
しっかりとした煮干し出しが効いた醤油スープ
背脂のコクが出ています。
お店で食べたラーメンは、もっと煮干しがビッシ!と効いていた記憶があるけど、まぁ~原価が違うからねぇ~ 笑

麺は、毎度の如く申し分無し。
今回の、凄麺 新潟背脂醤油らーめんもGood!な出来でした。
まだまだ未食の凄麺も多数有るなぁ~ 凄麺探査の旅はつづく・・・笑

昨日の記事

五反田モンスターグリル 店舗からメニューが消えた・・・

久しぶりに職場の、エロ山口とサラメシとなった水曜日! 何を喰うか? 約2ヶ月半ぶりの友連れメシです。 食の幅が狭い、エロ山口なので肉だな・・・と云う事で、モンスターグリルにやって来ました。 12時チョイ前で、1階テーブル席が空いていて直ぐにパイルダーON! さて・・・え?...

閲覧が多い記事