2020年8月5日水曜日

久しぶりに新規開拓が、まさかのざる蕎麦×2 そばどころ更科 相模大野

今日は7月21日 火曜日 今月って25日が土曜日だし23/24が祝日となると、給与振り込みは22日になるんじゃ? 連休だし前日だしATMは混雑するだろう!?
そこで銀行へ行ってついでに、ランチだよ~と最近新規開拓が出来て居ないので・・・
相模大野 そばどころ更科に新規訪問!!

駅からは少々離れていて、隣にはデカ盛り炒飯で有名な<新三陽>があります。
チャリ男を止めてマスクマスク!
こちらのお店はお蕎麦屋さんです。
更科~って名前で饂飩屋てことは無いだろう。
入口の扉には、料理が出るまでマスクを外さないで欲しいと張り紙があります。

店内に入り、長テーブルの端っこへ着席。
小さなお店ですが、近隣からの来店者が絶えませんねぇ~
さてとメニュー拝見

え~と・・・一番下に【セット物の部】として、お得なセットメニューが・・・
やっぱりかつ丼だよねぇ~八王子のそば処長岡屋でもカツ丼!!
『かつ丼セットをお願いします!』
『麺は温かいの?冷たいの?』(店主)
『冷たいのでお願いします。』
『かつ丼セット冷たいの~!』

写真付きのメニューが有ったので見ると・・・こんな姿で出るのか・・・と。
でも季節により容器が変わると書いて有ったな・・・
まぁ~出てきて~のお楽しみ~
待つ事6~7分で出て来ました。

・・・ん?何か写真とは違う様な気がするけど・・・まぁ~これにかつ丼が遅れて出てくるんだね~と、全く気にせず食べる準備!
へぇ~とろろが付いてウズラの卵も入ってるよ!
えーと蕎麦つゆは、この器に入れるんだな?

とろろと卵を合わせ、蕎麦つゆもね!
頂きまーす!これ結構な量が有るゾ!(蕎麦)

まだかつ丼出てこないのかなぁ~
もう直に蕎麦食べおっちゃうよーー
そんな時、店主がお盆を持って入口近くのテーブル席へ
・・・何やら取り違いをしたのか?
私の方を見たので『かつ丼セットだけど・・・』
すると店主が『あ~息子が間違えたな!すいません、こちらがかつ丼セットです』
『え?食べちゃったよ・・・』
『あ、いいです!もう止めちゃって下さい。こちらをどうぞ!』

・・・・・あ・・・・・・・・・

殆ど食べ終わる寸前の状態から、リセットされた感も新に目の前に・・・これが。
そうだよなぁ~最初のは、とろろそば680円であってかつ丼がついてくるハズ無いよなぁ~
蓋を開けると・・・

やっと出て来た!かつ丼です。
これだけだったら何とかお腹に入るゾ!
でもセットだから、あれが居るはずだ!! きっと来る~
そーっとかつ丼の器を上に持ち上げて、左にずらすと・・・ 貞子は出て来ませんが・・

こうなりました!そうだよなぁ~ かつ丼セットだもんなぁ~
でも今、とろろ蕎麦1人前を殆ど食べていた後なのを忘れてはいけない!
それに既に理解したが、こちらのお店は蕎麦の盛が大変良い!!
普通の蕎麦屋なら大盛です。
しかし・・・・

      これ既に1人前のとろろ蕎麦食べた後だぜ!


私も男だ!出されたモノを残してはいけないと教育されてきた大人だ!!
店主の心意気を感じつつ、このかつ丼セットを頂かなければいけないのだ!
セット物の蕎麦って、普通は少なめだよねぇ~

と一応蕎麦を確認のため食べると・・・しっかり盛られているのね・・・悲
そうだよ!俺も男だよ!!
かつ丼は・・・

カツのサイズは、大きめのメンチカツ位のサイズ、卵綴じは貧弱かなぁ~(単品のかつ丼は知らない)
ご飯は・・・これは少なめなのね! ありがとうオジさん!!(イヤこれは通常だと思う)
正直、初めての訪問で初めて食べたかつ丼セットを、レポするつもりが完食する使命におされ、それどころではなくなってしまったのは、云うまでも有馬温泉。
850円税込みを払い、ミニかつ丼と普通蕎麦屋なら3人前のざる蕎麦を頂きました。

いいかね諸君、出されたモノは残さず頂かないと、
勿体ないお化けがでるぞ!
梅雨明け直前の、とある昼飯での出来事でした。

2020年8月4日火曜日

久しぶりに油淋鶏定食と雲呑塩スープ 広州市場五反田店

今日は日曜日・・東五反田界隈の飲食店の多くはお・や・す・み!
だからランチの選択肢は、著しく狭まるのであった・・・
いきなりステーキ?(斜陽の飯はナァ~)牛丼系は私には牛丼刑だし・・と結局、広州市場五反田店へ

11:30を過ぎて居たので、30%程度の客入りです。
席についてと一応メニューを見るふりして、これちょうだ!雲呑は塩でね!と油淋鶏定食935円税込みを注文です。(US $9?)
待つ事8分ほど・・・出て来ました!

こちらが本日のサラメシ 油淋鶏定食です。
油淋鶏とは、中華料理で鶏の唐揚げに酸味のある醤油ダレをかけて料理です。
醤油ダレは、店により内容物が異な柑橘系だったり酢系だったりとまちまち。
まずは雲呑スープ

餡の大きな雲呑の他に、青菜が入り葱がプカプカ浮いています。
正直こちらの雲呑を食べてしまうと、他店の小指の爪ほどの雲呑餡に対して、舐めてんのかコラァ~と思う気持ちになってしまう。
あれ?レンゲが変わってるゾ!?

以前のレンゲは、持ち手など親指と人差し指で挟む程度だったけど、今日のはデカイ!
しっかりした持ち手が付いているじゃないか!! 初めからそうすれば良いんだよ~と心の中で叫んで・・・スープを飲む私。
さて本題に戻し、雲呑はデカイでしょう~
下手な餃子より具がイッパイだす!!
ちなみに雲呑は主役ではありません!
ハッキリ言おう 脇役です。
主役は、こちら~

刻み葱が、唐揚げの上にターップリ長葱が乗っています。
葱嫌いの人には、悍ましい姿かも知れませんが、そんな事は知ったことか!
私は油淋鶏を食べるんだ~

唐揚げの下には、千切りキャベツの敷布団です。
今まで様々な油淋鶏を頂きましたが、黒醋醤油ダレも独特の香りがありマイウーでした。
雲呑も6個ほど頂きながらなので、満足度100%のお腹になりました。
広州市場は、基本ワンタンメンが主力ですが、私は今日のセットの方が良いかなぁ~
スープは、塩か醤油を選べますがお店側は<塩>を勧めてきます。
確かに醤油だと、味が強すぎて雲呑の旨味が感じづらい!
だから私は、淡い塩スープの方が好みです。
辣油や、生姜なども塩の方が合いやすいしね!

2020年8月3日月曜日

さようなら~岡むら屋五反田店

2019年かつや五反田店の後継として、新橋岡むら屋が開店して約1年半・・・4月以降はコロナ渦により客足も激減し、一時は営業も自粛していましたが2020年8月3日をもって閉店して、8月末に蕎麦屋としてリスタートするらしいです。
リスタートとは経営母体が同じ(アークダイニング)と云う事です。
かつやもそうですよ!!

私は、忘れた頃や新作限定メニューがリリースされると来ておりました。
しかし4月以降は、テレワークとなって五反田に居る日が激減・・・そりゃ~来られないよね!
ツイッターで閉店を31日に知って1日 土曜日の出勤のついでに、最後のサラメシを食べよう!と再訪です。
11:20頃店内へ入ると、先客は3人ほど・・・(開店は11時から)
最後の岡むら屋五反田店・・・何を喰うか?

メニューも最後の登場です。
初めて来店したときは赤肉めしを、同僚のエロ山口と共に頂きました。
エロ山口は辛いとは理解せずに注文して、一口食べて面食らって以後トラウマに・・・笑
私は『これ旨いじゃん!』
それも最後となると、一番高いメニューをと・・・
1,070円のデラ肉めし山盛と云うのがあるが・・・正直デラ肉めしは好みでは無い!

そこで選択したのが、タイヤのCMでも云っていた【やっぱりギュウ!(牛)】(福山出演)
牛しゃぶめし 特盛1,020円(肉・飯1.5倍)だな!
店員のお姉ちゃんが『玉子はいりませんか?』と聞いてきたので、そんなの『要らない』
私は牛肉を味わいたいのだ!! 玉子など邪魔だ!!!すき焼きじゃあるまいし・・・
もちスープも要らない!! 紅生姜が有るじゃないか!(何じゃそりゃ?)
待って居ると出て来ました!!

これが今日のサラメシで、最後の岡むら屋五反田店です。
良い感じに牛肉が乗っているじゃないか!

牛丼とは訳が違うよ!牛肉以外は入って無いのだ!!
そうか・・純粋な牛丼か・・・
丼も大きめ・・・・

横から見ると、この様な感じです。
ようは牛丼じゃネーか!それに,000円超えかよ~と聞こえて来そうだが・・・
食べてみりゃ~判るサ!

軽く火の通った牛肉で、柔らかいです。
甘醤油ダレが、程よく掛かっていていいです。
デラ肉めしだと、少しタレが多めになっていて甘いんだよねぇ~
だから以前は唐辛子を、でぇーーーい!とかけました。
紅生姜も、久しぶりにご飯と食べると旨いよ~
そんな時、少し食べ進むと・・・何だ?
何か有るゾ?

ナントと木綿豆腐の舞台の上に、肉が乗っていたのね!
岡むら屋の丼は、みんな煮込まれた木綿豆腐が・・・最初は笑ったものです。
紅生姜を追加しつつ頂きました。(私1人で紅生姜の壺は、ごっそりと減った)

コロナの影響も多大にあるだろう業態変更・・・次は蕎麦系か・・・
正直、小生の経験値から五反田で蕎麦?と思います。
丸亀製麺だったら受け入れられるだろうが・・・蕎麦屋か・・・もっと個性のある料理店の方が良いんじゃないのかなぁ~と思いますけど。
9月頭には、新業態店舗が開店しているか?・・・コロナのみぞ知る。

2020年8月2日日曜日

日清ラ王 濃厚味噌 リニューアル実食

3月30日にリニューアル発売されたラ王の味噌ラーメンです。
メーカーホームページを見ると・・・ピリ辛で旨みのある香味野菜
豚骨ベースに胡麻、赤唐辛子、ラー油で味を引き締め、ピリっと辛味をきかせた濃厚な味噌スープ。噛むほどに小麦香るもっちり麺がよく合います。具材は肉ミンチ、キャベツ、コーン、青ネギ、白ネギ。
とアナウンスされています。

ラ王と云えば、生麺感覚で麺の出来映えをアピールするカップ麺の中でも200円オーバーの価格設定をされている日清食品のフラッグカップ麺でしょう。
つまり<凄麺>のライバルと云える商品でしょう。
個人的には、<凄麺>の方が上だと感じていますけど・・・
まずはこの8角形の特徴有る形状・・・デザインにお金かけてますね~
つまり原価にハネ返っているわけで・・・どうなんでしょうねぇ~(製品自体は)

開封すると小袋が3つ!
粉末スープと・液状スープ・具材(かやく)
説明を読むと、スープ類は後入れにしてくれ!と書かれています。

つまり具だけカップの中へいれて、熱湯を注げと・・・
スープを先に入れてしまうと、麺がほぐれづらくなるらしい・・・
5分待つのだぞ! ジャームズ!! OK?

5分経過した状態です!
へぇ~結構賑やかな状態ですね!?
コーン・キャベツ・肉など多数・・・やっぱりフラッグカップ麺! 笑
でもメガドンキで買ったので実売は、184円税込み(US$ 1$70¢?)
早速、粉末と液状スープを入れましょう!

粉末スープは、胡麻ですねぇ~臭いを嗅いだら、白胡麻を擂り潰した香りでした。
それと液状スープは、味噌! 当然ですね! 味噌ラーメンなんだから。
箸でよーく攪拌して、カップ全体に味噌などを馴染ませて完成です。

味噌ラーメンじゃん!(当たり前だけど)
スープを飲んでみると、流石に美味しいです。
やはりスープは、粉末より液体ですよ!
さて麺ですけど・・・

カップ麺では、中太ストレート麺と云いましょうか・・・
悪く無い食感なのですが、凄麺を気に入ってる小生としては・・・やはり凄麺には一歩及ばず・・・でしょうか。
出来映えとしては、悪くは無いのです。
しかしノンフライ製法としては、別途特許を取っている凄麺の製法に敵わないのは仕方ないか・・・
御馳走様でした。

昨日の記事

久しぶりに油淋鶏定食と雲呑塩スープ 広州市場五反田店

今日は日曜日・・東五反田界隈の飲食店の多くはお・や・す・み! だからランチの選択肢は、著しく狭まるのであった・・・ いきなりステーキ?(斜陽の飯はナァ~)牛丼系は私には牛丼刑だし・・と結局、広州市場五反田店へ 11:30を過ぎて居たので、30%程度の客入りです。 席...

閲覧が多い記事