2020年5月27日水曜日

外出自粛中だけど・・メシは喰う! ニボMAX

前回、鈴木ラーメン店へ訪問し 限定の味噌MAXを食べたら2日後に終了!笑
ギリチョンだったようでラッキーでした。
でも肝心の正規メニューのニボMAXを食べていないじゃないか!?
そこで運動がてら自転車を駆って再度訪問しました。

11:30 店は、11:00開店していて既に母親と子供、ピン客2がラーメンを食べてます。
食券機でニボMAX880円を買って、今回は光を背にした厨房向きのカウンター席隅に着席。
もちろん大盛(無料)を、お願いしました。
食券機に食べきれない人は、大盛ご遠慮下さいと書かれています。
暫くして出て来ました。

こちらが今日のサラメシです。
宅メシばかりでは飽きてしまう!だから数日おきに外食!!
肩ロースチャーシューが3枚、背脂肉が頂天にのっています。

丼は、多くの量がはいる大容量タイプです。
横から見ると、チャーシューが山のスキー場の様に見える・・・笑
店員さんが、スープが多いですからお気を付け下さい!と云ってたっけ・・・
丼を半分回転させ別確度から・・・

モヤシがたっぷりと盛り付けられ、ニンニクと生姜が添えられています。
早速レンゲで一口・・・ 濃い醤油味で煮干しの味わいが強いです。
でも決して和風・和風していません、油が多めでレンゲからスープを飲んだとき、口の周りに油が纏わり付いてました。
じゃ~麺を頂こう!としても、なかなな麺が出てこない。
割り箸で、麺を底の方から出そうとしても・・・重い!!
少し出て来ました・・・

ぶっとい!モヤシより太いじゃない!
これは天地返しをして、麺を上にモヤシを底へしないと食べずらい。
ニンニク生姜を、適時スープに混ぜ全体に拡半しながら、この麺を頂きます。
チャーシューは邪魔なので、丼の縁に沿わせてスープの中へ

そうすることにより、肉に熱が通り柔らかく食べやすくなります。
しかしこの麺、本家の二郎の麺より手強いかも・・・
麺自体の加水率が低いので、口の中で噛まないと飲み込めない。
つまりスープに浸かっていても、伸びづらいでしゅう。でもスープを吸いだしたら重くなるだろうなぁ~(食べづらさが増す)

一気に食べ進め完食しました。
そうそうチャーシューがまだです。
スープに浸かっていたので、柔らかく食べやすくなってます。
これは成功です。
同じ相模大野にある本家 スモジこと二郎より、醤油の返しが多めなのでハッキリした味になっていて、こちらの方が食べやすいね!
豚は、流石に二郎の方が凄いけどね!

このニボMAXに、黒いマー油を加えた黒MAXというメニューも有りますが・・・
暫く時間を於くかな・・・笑

0 件のコメント:

コメントを投稿

昨日の記事

マルちゃん 激めんワンタンメン カップ実食

今日のカップ麺は、ワンタンメン!! ワンタン=雲呑とは、小麦粉を練り上げた生地を薄く延ばした紙状で、小指の爪ほどの肉を包んだ状態にして、茹でた物です。 アジア系以外の、外国人には何だか判らないでしょうね。 中国料理にはあるのです。 早速開封するカップの中には、小袋2...

閲覧が多い記事