2020年3月3日火曜日

江戸前煮干し中華そば きみはん五反田店 初訪問

今日は五反田に来て早4年が経過しての初訪問店です。
何時も前を通過して行列してまんなぁ~と思いつつ素通りしてたのです。

こちらつけ麺TETSUの系列とは知っていました。
あの焼いた石をつけ汁に入れて熱々にする、つけ麺ね!
品川や渋谷で食べました。
そのTETSUの中華そば屋、それも江戸前煮干しと書かれています。
嫌いじゃ無いけど・・・山手線の高架真下に店舗がある10人チョイしか席数がない小さなお店。
鶯谷か入りやに近い総本店の他、こことららぽーと豊洲の3店舗。
実は今日は、13時半過ぎまで会議で拘束されてやっとサラメシだ~!となったのが13:50頃!
外に出て何食べようかなぁ~とブラブラ・・・どうせ1人だから今まで未訪問のお店にしようか・・・と歩いていて、何時ものように山手線効果を通過するとき・・・そうだ!この店食べたこと無いよな?!
時間は14時ですが、流石ラーメン屋さんは営業中~(開いてて良かった~)
店内は空席がある!(当然か)
そこで、チャンスとばかり期間限定(2月末まで延長)煮干鬼脂中華そば900円大盛無料!を食べてみよう!
食券機で、食券を買って店内へ

これね!と食券を指しだし『大盛~』と注文です。
しかし狭い店内だねぇ~ 家賃も安だろうけどさぁ~笑
L字のカウンターだけです。
メニューは中華そばの他につけ麺もあります。
待つことしばし、何とお皿に乗って出てきました。
店員さんが『スープが溢れやすいのでお気をつけ下さい!』と。

確かに・・・底の浅い丼には満々とスープが・・・
見た感じ小さめの丼やなぁ~二郎の丼より一回り以上小さいでぇ~(スカーレットから移った)

茶濁したスープに泡雪上の脂~
そこに微塵切りの玉葱とカイワレ大根
海苔一枚に、薄くデカイチャーシューが2枚です。
目の前で店員さんが寸胴に本枯れ鰹節をドサドサと放り込んでいます。
HPでは、その他鰯節と秋刀魚の煮干し・昆布・椎茸を煮出したスープとチキン出汁スープを合わせているとか・・・最近のラーメンは凝ってるねぇ~
昔のどさん子ラーメン時代とは大違いだ・・・

まずはスープを飲んでみると・・・お~これは濃厚な節系の味わい!
泡雪状の脂から想像していた、しつこさは感じずあっさりしていながら脂のコッテリを感じる出来映えです。
つまりアッテリ系ラーメンですね!

麺は、平打ち麺!きしめんかと思うほど幅広の太平打ち麺です。
ですからコシは強い食べ応えのある麺です。
アッテリ系二郎インスパイア和風中華そば ですねぇ~ 笑
大盛で丁度良い量で、たぶん230gになっているのではないでしょうか・・・
最後の方スープをすくい上げたら、小さな節粒が見られました。
相当大量に煮出しているから、身が一部剥がれ出したのでしょうね!
初めて食べた【きみはん五反田店】の煮干鬼脂中華そば 旨かったです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

昨日の記事

埼玉県ときがわ町 大盛の食堂 アライ 回顧

食べ歩きを20年程やっていると良いお店は勿論、悪いお店にも偶に出くわします。 しかし悪いお店にしても生活が掛かっているので、記事にするのはなるべく差し控えるのもグルメブログのマナーかな・・・笑(誹謗中傷に抵触) 今回、埼玉県ときがわ町で出くわした食堂 アライさん(良い方ね)を...

閲覧が多い記事