2019年10月31日木曜日

相模原市中央区 中華そば専門店 びんびん亭 初訪問

天気の良い土曜日、新型愛車MÉRIDA-80Dを駆って市内探査へ
10月に入った最初の土曜日ですが、気温がグングン上がって~夏日だよ!
11時に出発して軽快に疾走~と云うか、空気(喰う気)を感じながら走ります。
アイワールド近くまで来た交差点で、黄色い店名幕を発見!!
何だ?あれは・・・

ラーメン屋じゃない?!確か以前は、チェーン店の何かの店だったような・・・
中華そば?八王子らーめん?つけ麺??
こんな処に、八王子らーめんを供する店があったとは・・・
八王子らーめんとは、濃い色合いの醤油ベースのスープで細ストレート麺
最大の特徴は、刻み玉葱がトッピングされている店です。
八王子の方では、葱増し~!とか注文時に無償トッピングを要求するとサービスしてくれる店があります。(最後に八王子らーめん参考のHPをご紹介します)
よし!ここでランチにしよう!時間は、ほぼ12時です。
店内に入ると、テーブル4卓~5卓程とカウンター席でmテーブル間の空間的余裕は、十分に有ります。

店内に入ると、直ぐ右側に食券機!
基本の中華そば600円・・・安いじゃない?
つけ麺は700円・・・まぁ~普通だね!
店内は、ほぼ満席ですがテーブル4人掛け1卓が1人のみ着席で3席が空いていました。
食券を買ったら、お姉ちゃんが寄って来て『先に食券頂きます、お席は空くまでお待ち下さい!』と・・・え?
そこのテーブル、相席にすれば最低1名は座れると思うけど・・・普通は相席だよね?
正直??がでる
まぁ~お店の勝手だからいいんだけどね?(客の回転率上がらないよなぁ~)
10分ほどでカウンター席が空いて着席。

カウンターには調味料一式
何故だか、のり玉が瓶に入っている・・・

食券機があるのに、テーブルにこのメニュー板があるとは・・・
追加で食券を買う人のため?

で何を喰うんだよ?と思ってるでしょう・・・薬味らーめん700円です。
やっぱり八王子らーめんでしょう?だったら刻み玉葱増しだよ!!笑
厨房には男性1名、女性が2名です。
で気になったのが、麺茹でをしている女性と男性がお喋りしながら仕事をしているのです。
客から見て余り良い物ではないですよねぇ~
佐野実さんが見たら、怒鳴りつけているだろうなぁ~(黙って仕事しろ!てね)
幾らよいラーメンを出しても、これは減点です。
で出て来ました!八王子らーめん!!

山盛の玉葱です。
この玉葱、一旦スープに一瞬ですがスープ通ししていす。
一瞬ですよ!その後、寸胴内側に定置保管・・・
で最後に盛り付けていました。
早速、玉葱山を崩して箸で麺をほじくり出すと・・・
こんな感じです。

スープ一面が、刻み玉葱で被われて・・・レンゲでスープを飲んでみると・・
玉葱独特の辛味と舌触りが、スープと共に感じられます。
色は濃いですが、味が濃いわけではありません。
まぁ~MÉRIDAで走って来たので、丁度良い塩分補給にはなるけどね!

麺は、少し固めに茹でていますねぇ~見ていて3分位でしょうか?
ですから細ストレート麺ですが、固めに感じます。
加水率も低めの麺ですね!
でチャーシュウですが・・・薄い!本当に薄い豚スライスです。

これがスタンダードなチャーシュウ?すると、チャーシュウ麺900円は・・・
高いだろう・・・
いやー本当にペラペラなチャーシュウなのです。
中華そばとしてなら、これでも・・・と我慢するけど、チャーシュウ麺がこの厚さではネェ~
せめて倍の厚さにしてもらえないと、チャーシュウ麺を食べる気がおきないかなぁ~

0 件のコメント:

コメントを投稿

昨日の記事

松のや わらかじかつ定食 実食

今日はと・ん・か・つ! 最近かつやと激戦を繰り広げる松のやです。 両社とも集客のため新作メニューを、繰り出すように打つべし!打つべし!!です。 今回は、松のやの【わらじかつ】です。 ロースカツを、柔らかく草鞋の様なサイズに仕立てたメニューです。 わらじ=草鞋とは、昔の日本...

閲覧が多い記事